自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

日本の薬湯十二ヵ月 ー5月 菖蒲湯ー

2017.5.1

薬湯12ヵ月の中でも、今でも習慣となっているのが柚子湯と菖蒲湯。5月のお節句には、多くのご家庭で菖蒲湯を楽しまれていることと思います。今月はその『菖蒲湯』についてお伝えします。

 

菖蒲と花菖蒲

菖蒲(アヤメ)

菖蒲(アヤメ)

菖蒲湯に使う菖蒲はサトイモ科で、花菖蒲はアヤメ科です。全く違う植物なのですね。
葉の形状が似ているので、あの美しい花を咲かせる花菖蒲の葉をお風呂に入れると勘違いしている方も多いのではないでしょうか?
ちなみに花菖蒲に似た花をつける植物にアヤメがありますが、アヤメも漢字で書くと「菖蒲」。紛らわしいですね。
もう一つ「いずれ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)」と言われる杜若も、そっくりの花を咲かせます。
花菖蒲、アヤメ、杜若はどれもアヤメ科アヤメ属。よく似ていますが、花に表れる模様と背丈、咲く土地に違いがあります。花びらの模様が、アヤメには綾があり、杜若には白色のスジ、花菖蒲には黄色のスジがあります。
また、アヤメは畑のような乾燥地、杜若は水辺などの湿地、花菖蒲はその中間に育ちます。注意しながら鑑賞するのも楽しみの一つになりそうですね。

さて、サトイモ科の菖蒲の花はアヤメ科のものとは全く違い、蒲(がま)の穂みたいな感じです。
菖蒲湯の葉を買う時には、お花屋さんでも知らない人もいる場合もあるので、花菖蒲を買わないように注意してください。最近ではスーパーでも「菖蒲湯用の葉」を束ねて売っています。

菖蒲湯の由来

春は季節の変わり目。体調崩すことも多いことから、中国では古くからこの時期摘んできた菖蒲やヨモギを軒先につるしたり、根を使った菖蒲酒を作って飲んだり、葉を編んで枕にしていたそうです。
菖蒲の強い香りが邪気を払うとされていたとのことです。
日本にその習慣が伝わったのは1300年前というのですから、ずいぶん長く伝え続けられているのですね。
菖蒲湯のスッキリとした香りはリフレッシュ効果があるので、季節の風物詩として、端午の節句の習慣として残ってきたのでしょう。
また、菖蒲=尚武、勝負に繋がることから、江戸時代からは武運長久と立身出世を願って端午の節句に使われるようになり、今日まで受け継がれています。子供の元気な成長を願う気持ちは、今も昔も変わらないということです。

菖蒲湯の作り方

1.葉を直接お風呂に入れる方法
一番ポピュラーなのは、菖蒲の葉10本程度を束ねてお風呂に入れる方法です。
熱めのお湯に入れると香りが良く出るので、少し熱めのお湯でお風呂をためて冷まして適温にしてから入ると香りが楽しめると思います。

2.葉の抽出液をお風呂に入れる方法
葉を刻んで布袋などにいれ、熱湯を注ぎます。10分~15分程度おいて抽出液をお風呂に入れます。

菖蒲湯の効果

春は三寒四温。
気温も湿度も日差しも、日によって変化が激しいので、体の調子を崩しやすい季節です。
邪気を祓うという菖蒲湯はそんな季節にピッタリですね。

菖蒲湯の効果は…
・血行促進
・疲労回復
・冷え性の解消
・リウマチや神経痛、筋肉痛などの痛みの緩和
・保湿作用
・香りによるリラックス効果

これからやってくる梅雨や夏に備えて、体調を整えておくには最適です。

昔中国では、邪気を避けるために菖蒲の葉で編んだ枕を使っていたそうです。
菖蒲枕を作るのは大変なので、菖蒲湯に入る前日に一晩枕元に置いて寝るのも効果があるそうです。

無病息災を願って家族みんなで菖蒲湯を楽しんでください。