2017年2月27日 更新

『春を快適に過ごすために』プチマッサージ付き!!プロが薦めるセルフケア

2017年の春は、立春2月4日から立夏の前の日5月4日まで。春特有の吹き出物や痒み、そして眠気と花粉!冬から初春にかけて、身体が変化する仕組みを理解し、セルフケアで対策を講じることで快適に過ごしましょう。

春という季節に見舞われるもの

朝夕は寒さが残るも、日中の日差しは暖かく、なんとなく気分も春めいて明るくなってきた今日この頃。
こんにちは、野口花琉実です。
そう感じる反面、春先はスギ花粉が大量に飛び交い、気分も辛く憂鬱になったりもします。この春先に起こるトラブルの特徴として、そろそろ山場のスギ花粉症を始め、各種花粉を起因としたアレルギー。また花粉症ではない方も、なんとなくお肌の調子が悪くなる、この時季特有の原因不明の吹き出物や、痒みが起こる方もいらっしゃるでしょう。

更にお肌だけではなく、身体の様々な部分が変化を起こします。
なんとなくダルいような気がする…
眠れているはずなのに、眠気がとれない…
元気なんだけど、疲れやすいような気がする…
どれも重症ではないのですが、微妙で、快適ではない感じ。

実はそれは、まさに『春』だからこそ起こる不調なのです。

春に見舞われる不調の、第一の原因は…

さて前回のコラムの復習ですが、寒い冬には血液の流れやリンパ液の流れが滞りやすくなり、また寒さも手伝って汗もかきにくくなり、さらに行動も静的・消極的になるもの。そんな冬の身体の中では、老廃物の排泄が滞り、知らず知らずのうちに身体の中に不要なものが少しずつ、少しずつ沈殿し続けます。

『冬のムクミと冷え性を撃退』とっておきの方法を伝授!!プロが薦めるセルフケア - BEAUTY CONCIER

『冬のムクミと冷え性を撃退』とっておきの方法を伝授!!プロが薦めるセルフケア - BEAUTY CONCIER
冬特有の宿命、ムクミと冷え性を改善するために、いよいよセルフケアの実践に入りましょう!心臓というポンプの無いリンパの流れを入浴と一日3分のセルフケアで改善します。
その様な環境に耐えに耐え、いざ冬から春になるに従って陽射しも少しずつ力を増し、外気も暖かくなり、それにつれて心も身体も動きや代謝がにわかに活発になる・・・。

実はやっかいなのが、この「急激に活発になるに従って起こされる身体の変化」です。
冬の間沈殿し蓄積された老廃物達は、代謝が上がり始めたこの時期に一気に身体の中を駆け巡る。もちろん最終的に排泄されるためなのですが、泥が沈殿した水をかき回すと澄んでいた上澄み液が濁るように、私達の身体の中でも一気に濁りが生じます。

それが春に見舞われる不調の、第一の原因です。
花粉によるアレルギーだけではなく、様々な不調が出る理由はその為なのです。

春に見舞われる不調の、第二の原因は…

更に外気温が上がることによって、毛細血管の血流は良くなります。毛細血管の血流が良くなるに従って、副交感神経が優位になり、ところかまわず眠気が襲ってきます。
これが第二の原因。

春眠暁を覚えず

私達の臓器をコントロールしている自律神経系というシステムは、活動時に活発に働く交感神経とリラックス時に活発に働く副交感神経が、無意識の中でバランスをとって働いています。
この時季になると、その副交感神経が優位になる訳ですから、当然身体は素直に反応して"まったり"、"ゆったり"としてしまう訳です。

春眠暁を覚えず・・・先達の言葉は本当に言い得て妙ですよね。

さあ、ハーブの力で快適に!!春は『ネトル』

畑のフレッシュなネトル

畑のフレッシュなネトル

もちろん、冬の間に溜め込んだ老廃物も時間が経てば排泄されていくのですが、綺麗な花や野の春の香りを満喫し、せっかくの春を快適に過ごすために、ハーブの力を借りて、とっとと出してしまいましょう。

そこで登場するのは、何といっても「ネトル」です。
血液を浄化するハーブとしては筆頭に挙げられ、アレルギーの緩和や体質改善、生活習慣病予防などに広く用いられています。また、私が食生活などの乱れからくる肌荒れなどの際には頼りにするハーブでもあります。
和名を西洋刺草(セイヨウイラクサ)といい、漢字のとおり生の葉や茎には見えないぐらいの細かいトゲがたくさんあります。

私も収穫する際には、厚手の手袋なしでは触ることができません。このハーブは古くから薬草として各種療法に用いられ、現代でも自然療法が盛んなドイツでは『春季療法』としてこの時期に血液浄化の目的で用いられます。
一見、シソの様な緑の葉は栄養価が高くビタミン・ミネラルが豊富で、クロロフィルや鉄分も含まれていることから、貧血などにもおすすめのハーブです。

問題のトゲも、ドライにしてしまえば落ちてしまうので、ハーブティーとしていただくのが一番手軽でおすすめです。ただし、この時期はネトルのハーブティーを1日3~4回、時間を空けてしっかりと取り入れます。

美味しくいただくコツとしては、他のハーブとのブレンドですが、おすすめはエルダーフラワー、ペパーミントなどです。
エルダーフラワーは、和名を西洋庭常(セイヨウニワトコ)といい、別名インフルエンザの特効薬などとも言われ、風邪の時には外せないハーブです。鼻のグスグスや喉のイガイガなのどカタル症状を緩和してくれますので、花粉症の方にも嬉しいハーブです。

また、ペパーミントをブレンドすることで、スッキリと飲みやすく、メントールの香りがダルさや眠気を吹き飛ばしてくれるでしょう。
乾燥したネトル

乾燥したネトル

手作り!ハーブカプセル

1日3~4回飲むのが理想的なのですが、仕事中にハーブティーを淹れることができないという方には、手作りハーブカプセルをご紹介。
まず薬局でカプセル容器を買いましょう。次にネトルのハーブをミルサーで粉にします。これで準備終了。カプセル容器に粉末にしたネトルを詰めて外出時に持ち歩き、定期的に飲めばオッケー!
粉末ネトルをカプセルに

粉末ネトルをカプセルに

更に、粉末にしたものは、チリメンじゃこやお塩と合わせてフリカケにしてしまえば、ランチの時にご飯にかけて美味しくいただけます。

このように、楽しみながら身体に良いものを生活の中に取り入れることによって、いつの間にか花粉症の薬がいらなくなるという日も訪れるはず。
それでも、どうしても時間がないという方には、ネトルの濃縮エキスをご紹介します。グッとコストが高くなりますが、ティーを淹れる手間が無理という方にはおすすめですよ。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

鼻のムズムズをアロマでセルフケア

鼻のムズムズをアロマでセルフケア

風邪や花粉症で何だか鼻がムズムズする時季。どんな対策をしていますか?アロマを使って香りを楽しみながらムズムズ対策してみませんか。
植物のちから"フィトセラピー" ~食べ過ぎた時のフィト的対処法~

植物のちから"フィトセラピー" ~食べ過ぎた時のフィト的対処法~

年末年始は食べ過ぎ・飲み過ぎてしまうもの。お疲れ気味の胃腸は、植物のちからで癒してあげましょう。
手作り入浴剤&お屠蘇!新年を迎える儀式としての“セルフケア”

手作り入浴剤&お屠蘇!新年を迎える儀式としての“セルフケア”

年末恒例の大掃除。同様にお身体にも大掃除が必要な年の瀬。いらないものを捨てて体内環境を整え、必要なものを取り込み、キレイになって新年を迎えましょう!
植物の力で花粉症をケアする方法

植物の力で花粉症をケアする方法

花粉症の方にとっては憂鬱な季節。できる限りお薬に頼らずケアしていきたいものの中々難しいのが現状。。。 今回は、少しでも症状を軽減させられたら!ということでフィトセラピーで花粉症をケアする方法をご紹介します。
日本の薬湯十二ヵ月 ー3月 よもぎ湯ー

日本の薬湯十二ヵ月 ー3月 よもぎ湯ー

ヨモギと言えば草餅や草団子!ばかりではなく…、よもぎ蒸しやお灸に使われたりと万能薬と言われています。3月は様々な効果が期待できるヨモギを使った「よもぎ湯」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたコンシェルジュ

野口 花琉実/ビューティーコンサルタント 野口 花琉実/ビューティーコンサルタント

注目のサロン

今注目のサロン

公式ライター募集