自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

フルーツたっぷり朝ごはん。くるみとはちみつのグラノーラ

2016.7.6

シロップをコーティングして焼くだけのかんたんおやつ。朝ごはんやおやつに活躍するグラノーラを手作りしてみませんか?

 

暑さが厳しくなりだしたこの頃、植物性ミルクやヨーグルトで楽しむ、さっぱりした朝ごはんも嬉しいですね。朝ごはんボウルに活躍する、自家製グラノーラレシピをご紹介いたしますね。

フルーツやスーパーフードと一緒に楽しめる自家製グラノーラ。

今回ご紹介するのは、キヌアと刻んだくるみをたくさん入れたグラノーラです。甘みははちみつでつけてみました。写真では、薄切りにしたバナナ、さくらんぼ、ビーポーレンと一緒にグラノーラボウルにしています。

植物性ミルクやヨーグルトと合わせて、お好みのフルーツやスーパーフードを楽しめる自家製グラノーラ。オーツ麦やナッツ、ドライフルーツがあれば、意外と簡単に調理できます。

レシピのポイントとアレンジアイデア

オーツ麦が色づいてきて、キヌアがはぜてきたら、焼き上がりの頃合いです。焦げ付きやすいので、オーブンで焼いている間は時々チェックしてみてください。

ドライフィグやレーズンなどのドライフルーツを加えても酸味があっておいしいです。オイルはココナッツオイルでも大丈夫です。

レシピ『くるみとはちみつのグラノーラ』(調理時間25分)

|材料|8人分
オートミール 150g(1と1/2カップ)
くるみ 50g
キヌア 40g
はちみつ 60g
太白ごま油 60g
塩 ふたつまみ|作り方|
1. くるみは軽く刻んでおく。
2. オートミール、刻んだ生くるみ、キヌア、塩をボウルで混ぜ合わせる。
3. 太白ごま油とはちみつを鍋に入れ木べらで混ぜながら煮立たせたのちボウルに注ぎ、グラノーラ全体にコーティングする。
4. オーブンで160度、25分ほど焼く。焦げ付かないよう、ときおり混ぜ合わせる。

Naohiro Maeda (@remember_the_lemon) ? Instagram photos and videos

Naohiro Maeda (@rememberthelemon) ? Instagram photos and videos
日々のごはんとかんたんレシピ。料理する楽しさが伝わるようなレシピや写真を目指しています。NYのレストラン、pure food and wine にて研修。「ローフードBASICS」翻訳。「はじめてのローチョコレート」共著。雑誌「veggy」連載。