自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

フルーツたっぷり朝ごはん。キウイと苺のフルーツボウル

2017.8.8

水分たっぷりで爽やかな朝ごはんはいかがですか?切り方を工夫して、朝ごはんをかわいく仕上げてみましょう。

Kiwi Strawberry Fruit Bowl キウイと苺のフルーツボウル – YouTube

暑い日が続きますね。さっぱりした朝ごはんがたべたくなる時には、フルーツボウルがおすすめです。果物の切り方にひと工夫するだけで、テーブルが華やかになります。
水分やビタミンをしっかり補給できるフルーツをたべるなら、できるだけ消化吸収しやすい空腹時や朝がおすすめです。

アサイーボウルやピタヤボウルなどのトロピカルなスムージーボウルもいいですね。スムージーがない時でも、水分たっぷりの夏のフルーツをボウルに詰めれば、ヘルシーなフルーツボウルをつくることができます。

ビタミンたっぷりの万能フルーツ、キウイ

ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用のある栄養をたっぷり含むキウイ。毎日でもたべたいフルーツのひとつですね。表面の毛が揃っていて、皮にシワがないものを選んでみてください。少し弾力が出て来たら食べごろです。

キウイは小さめのナイフを使って、中心に向かって交互に刃を入れれば、きれいなキウイフラワーができます。

猛暑の疲労回復にぴったりの果物、すいか

疲労回復や利尿作用のあるカリウムを含むすいか。また、赤い果肉にはカロチンやリコピンも。
おいしく楽しみたいですね。追熟しない果物なので、購入したらできるだけ早めに召し上がってくださいね。

レシピ『キウイと苺のフルーツボウル』

|材料| 1人分

キウイ 1個
いちご 5粒
ブラックベリー 5粒
すいか 1/2カップ

|作り方|

1. キウイは皮をむき、ジグザグにナイフの刃を入れて横半分に切り分ける。
2. いちごは縦半分に切り、へたの部分を切り取ってハート型に。
3. すいかの果肉のざくぎりをボウルにのせ、その上にキウイ、いちご、ブラックベリーを盛り付ける。
(レモンやライムの果汁、ヘンプシードをふりかけても。写真はイメージです。)

Naohiro Maeda (@remember_the_lemon)

Naohiro Maeda (@remember_the_lemon)