ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

私にピッタリのアロマの探し方~中級者編

2019.12.3

初めてこちらでコラムを書かせていただいた時の、第1回「私にピッタリのアロマの探し方~初心者編」から長らくお待たせしましたが、今回「私にピッタリのアロマの探し方~中級者編」をお送りいたします。

私のコラムも今回が91記事目となりました。

初めてこちらでコラムを書かせていただいた時の、第1回「私にピッタリのアロマの探し方~初心者編」から長らくお待たせしましたが、今回「私にピッタリのアロマの探し方~中級者編」をお送りいたします。

 

ブレンドにチャレンジ!まずは2種類から。

中級者レベルになると数種類の精油(エッセンシャルオイル)をお持ちの方も多いはず。

でも意外と精油の単品使いしかしたことがない、というお声を聞きます。もちろん単品でも精油は良い香りがしますし、気に入っていればそれでもOKです。

「ブレンドしてみたいけど…」
「混ぜても大丈夫だって知らなかった」
「変な香りにならないかな(失敗しないかな)」

というお悩みをお持ちの方へ、今日はぜひチャレンジしていただきたいのが「2種類まず選んでみよう」ということ。

お持ちの数種類の精油の中からあなたが好きだと思う精油をまず2種類選んでみてください。

そしてまず、ティッシュの上にそれぞれ1滴ずつ垂らしてみましょう。1枚のティッシュを2~3回折って、鼻に近づけた時に2種類の香りが鼻に届くくらいの位置に2種類を1滴ずつ垂らすのがポイントです。

いかがでしょうか。2つの香りのバランスは、あなたにとって好みの香りですか?変な感じ(好みじゃない香り)ですか?それともちょうど良いですか?

もし「なんか違うぞ」と思ったら、どちらの香りが弱く感じてどちらの香りが強く感じるのか、香りをもう一度嗅いで確認してください。もし弱く感じる香りがあったら、その精油をもう1滴そこへ足してみてください。

正解、不正解はありません。あなたが「このブレンド、私好みかも!」と思ったブレンド比率が、あなたにとってベストなブレンドです。

怖がることはありません。このようにして、まず好きな香りから2つを選んで、自分好みに作り上げていく。まるで調香師さんのようですね。あなた好みの香りはこうして作っていきます。

2種類でできるようになったら、もう1種類追加して3種類で作ってみましょう。ポイントはまず1滴ずつ試すこと。

香りの強さは精油によって異なります。そして、仕上がった香りも人によって感じ方が異なります。だからこそ、1滴ずつブレンドしてあなた好みの香りに調整してみてください。そんな時間も、きっと楽しく感じられるはずです。

 

目的に合わせた香りを選び、目的に合う使い方をしてみる

ブレンドすることに慣れてきたら、今度は目的に合わせた香りを選ぶということにチャレンジしてみてください。

「寝室で使いたい」
「来客のあった時のおもてなし用」
「外出先でも使いたい」
「リビングで楽しみたい」
「バスタイムをもっと癒しに使いたい」

このように目的を決めると、選ぶ精油も変わってきます。もちろん毎日異なる精油を選んでも良いと思います。

同じ精油の組合せでも、ブレンドの比率を変えると意外や意外、仕上がる香りが変わります。そんな楽しみ方があっても良いのです。

正解、不正解はありません。一般的に「リラックス系の香り」と言われているものであっても、あなたにとってそれが「元気になる香り」であれば、そのような目的に使ってもいいのです。

そして、ブレンドに慣れてきたら必ずブレンドレシピを残すようにしてください。そうすることで、「あの時と同じ香りブレンドが作りたいけれど、どんなブレンドだったっけ?比率はどうだったかな。」ということを避けることができます。

また、ブレンドしたばかりの時と、少し時間を置いた時では香りが変わります。これが天然精油の持つ素晴らしい所でもあります。なので、香りの変化も楽しみの一つとして感じられると、さらに心豊かに、穏やかになるように思います。

目的に合ったブレンドが見つかったら、今度はその使い方。

アロマライトやアロマディフューザーで楽しみたいのか、それともアロマスプレー作りをして好きな時にシュッシュしてスプレーするのか、アロマペンダントに香りを垂らして楽しみたいのか、練り香水にして持ち歩くのか…。

香りの楽しみ方はそれぞれ。どんな使い方をしたいのかな、と考えて、場合によってはそのブレンドを使った手作りアロマをしてみましょう。

私の過去の記事を拾っていただくと、手作りアロマの方法が書いてあります。ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

あなたにとってアロマテラピーとは?

一昔前は「癒し」目的だけに目が向きがちだったアロマテラピーですが、近年では癒しだけに留まらず、美容や医療、福祉…などアロマテラピーの広がりは多岐にわたります。

あなたにとってアロマテラピーって何でしょうか。あなたにとって香りのある暮らしはどのようなものですか。香りをどのようにして使いたいですか。どのように楽しみたいか、どのような使い方をしたいのか、使ったその先に何を期待しているか…など、香りを使う目的、行う目的はそれぞれです。

どの章でもお伝えしたとおり、正解、不正解はありません。心地良いと感じられる香りを使うと、私たちの心や身体にやさしく働きかけ、そっと寄り添ってくれます。

今回チャレンジした精油のブレンドを通し、あなたにとって、よりアロマテラピーが楽しいもの、深みのあるもの、広がりのあるもの、あなたの心が豊かになるもの…になったら、また今までとは違う世界がみえるかもしれませんね。

 


いかがでしたでしょうか。

今回は、既にいくつかの精油を使っている方々、アロマテラピー中級者の方々向けに精油ブレンドについてお伝えしました。

ぜひ、ご自身の感覚を信じて精油のブレンドにチャレンジして、香りを今まで以上に楽しんでくださいね。