ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

第一印象は大切です!転職初日に気をつけたいこと

2018.8.1

転職が初めてという人はもちろん、経験者でも緊張する転職先への初出社。せっかく新しい環境でスタートを切るなら、一緒に働く同僚には好印象を持ってもらいたいですよね。そのためにはやはり、第一印象が決まる入社1日目を大切にしましょう。出社初日に気をつけたいポイントをまとめました。ぜひご参考ください。

「初対面の時に相手に抱く印象(第一印象)」が、人間関係を築く上でかなり重要と言われているのをご存知でしょうか。

最初に悪い印象を持たれてしまうと、それを覆すのは難しく、その後も悪い評価を受けやすく、逆に、最初に良い印象を持ってもらえると、その後に失敗などがあっても好意的に受け止められやすくなるのだそうです。

心理学では「初頭効果」と呼ばれ「最初に示された特性が記憶(印象)に残りやすく、その後の評価に大きな影響を与える」という心理効果があるそうですが、心理学は知らなくても生活の中で実感した経験がある人も多いのではないでしょうか。

となると、転職先の会社への入社1日目はとても重要になってきますよね。

ということで今回は、第一印象が決まる入社1日目に気をつけたいポイントをまとめました。円滑な人間関係は居心地の良い職場の必須条件です!ぜひご参考ください。

 

ポイント1 身だしなみは相手への気遣い!

初出社日は大勢のスタッフの前で紹介されたり、自己紹介を求められたりすることも多く、注目されることになるでしょう。そのため、身だしなみにはとくに注意を払いたいところ。

気をつけるポイントは。

・清潔感があるか

・会社で浮かないか

です。

髪型はスッキリしていますか?服やかばんがよれよれになっていませんか?靴は汚れていませんか?メイクは崩れていませんか?

サロンワークなどでお客様の前に出る仕事の場合、従業員は常に身だしなみについて注意を払っていると考えて良いでしょう。そのため、あなたに対するチェックの目もかなり厳しくなるかもしれません。「この人、大丈夫かしら?」と周囲を不安にさせないためにも、しっかりとチェックし、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

また、制服があり通勤は私服でという会社の場合でも、奇抜な服装やメイクは避けるべきでしょう。会社によっては暗黙のルールなどで、出勤時の服装が決められている場合もあります。(ジーパン禁止、スニーカー禁止など)初日は面接の時のような服装で出勤するのが無難でしょう。

2日目以降は、周りをよく見て、浮かない服装、メイクなどを心がけると早く職場になじむ近道になるかもしれません。

 

ポイント2 時間厳守は絶対!不安なら確認を

時間通りに出社したら、すでに全スタッフが自分の到着を待っていた!なんて気まずい経験はしたくありませんよね。

出社初日に遅刻は言語道断ですが、それじゃあいったい何時に出社すれば良いの?と疑問に思ってしまうかもしれません。

というのも、会社によっては始業時間よりもかなり早く出社するのが当たり前になっていたり、反対に早く出社しすぎて迷惑になってしまったりと、出社時間はそれぞれの会社でその認識がばらばらなことが多いからです。また、シフト制勤務の場合、就業規則や契約書などにも大まかな時間帯の記載しかなく、入社初日は何時に出社すれば良いのかわかりにくいこともあります。

ですから、出社時間に不安を感じている場合、初出社日までに採用担当者へ出社時間の確認をしておくのが良いでしょう。

時間にルーズなタイプとレッテルを張られてしまうより、そのひと手間を大切にしましょう。

 

ポイント3 自己紹介は笑顔で簡潔に

ポイント1でも触れましたが、初日は自己紹介や挨拶を求められることが多いと思います。そんなシーンで心がけたいのは、「笑顔」と「簡潔さ」。

とくに前職で人間関係に苦労したという人にとってナーバスになってしまう場面でしょうが、それでも「笑顔」は相手に友好を示す一番の方法です。頑張って笑顔を作りましょう。

そして社会人としてのマナーがなっているか、やる気があるかなどもチェックされているかもしれません。はきはきと、礼儀正しく挨拶できたら完璧です。

また、自己紹介の際に、前職のことを長々と説明するのはあまりよろしくないと言われています。というのも、あなたにそんなつもりがなくても、前の職場でのやり方を押し通す人、自分の経歴を鼻にかける人と思われてしまうかもしれないからです。前職について全く触れないというのも不自然なので、簡潔に説明すると良いでしょう。

ほかにもあなたのパーソナリティーを知ってもらうために趣味などを伝えるのも良いかもしれません。会話の糸口になるかもしれませんね。

ただし、大抵の場合あとに仕事が控えています。時間的にも簡潔にまとめましょう。

 

ポイント4 仕事は積極的に!

職場は仕事をしに来る場所です。仲良く和気あいあいも大切ですが、仕事ができることも好印象につながるということも忘れてはいけません。

入社初日は様々な説明を受けることが多いと思います。その際に、

・しっかりとメモを取りながら話を聞く

・理解度がわかるように相手の話に相槌を打つ

・わからないことがあったら質問する

などの積極的な姿勢を見せるとあなたのやる気や仕事に対する熱意が伝わるでしょう。また、「コミュニケーション能力(理解力)が高い=仕事ができる」と評価されることも多々あります。

ほかにも、入社前までに、その会社で扱うサービスや商品、事業形態などの勉強をしておくなど、自分なりに準備をしておくとさらに好感度アップが狙えるでしょう。

自発的に学ぶ姿勢を見せることで教える方もやりがいを感じてくれるのではないでしょうか。

説明を受ける際に気をつけたいのは、相手の話をさえぎらないこと。質問をするのは良いですが、話は最後まで聞きましょう。

 

ポイント5 素直&控えめな態度を心がける

早く職場になじみたいという気持ちを表すことは好意的に受け取られるでしょう。

初日は様子見と受け身の姿勢ばかり取っていては、その気持ちは伝わらないかもしれません。とっつきにくい人という印象を持たれないよう、挨拶や質問など、自分から他の社員へ声をかけてみましょう。

その時に心がけたいのが、素直で謙虚な態度。新入社員のあなたに対し、相手は良かれと思ってさまざまなアドバイスをしてくれるでしょう。謙虚に受け入れ、わからないことはわかったふりをしないで素直に聞きましょう。

また、仕事内容などに意見を求められても「前の職場ではこうでした(こうしていた)」は基本的に禁止!経験を買われて採用されたとしても、新しい会社では新入社員だということを忘れず、1日も早く「今」の職場のやり方になじめるように努力するべきです。

ただし、会社を良くしていこうという気持ちは大切にしたいものです。実績を積んで信頼を築いてから改めて提案するのが良いでしょう。

 

笑顔、礼儀正しさ、素直さ

入社初日はあなたに不安があるように、受け入れる側にも不安があります。

この人は会社になじめるだろうか。1日でも早くなじんでくれるためにはどうしたら良いだろうか?

緊張や気負いでいっぱいいっぱいになってしまっている時でも、その気持ちを踏みにじるような言動は控えましょう。どんな時でも相手への気遣いを忘れないでくださいね。

 

出社1日目。笑顔と礼儀正しさ、そして素直さを示せれば、きっとその会社はあなたにとって居心地の良い職場になるのではないでしょうか?