ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

美容の仕事で自分を磨く!スキルアップのコツとは?

2018.6.4

華やかなイメージがある美容の仕事に憧れている方も多いのではないでしょうか。美容業界でこれから活躍したい!と思っている方へ、美容の仕事を通じて自分を磨くコツ、仕事のスキルをアップするコツについてお伝えします。

1. いつも好奇心を忘れない

ファッションと同じくらい、新商品が出るのが美容業界。毎年、毎シーズン新しい商品が出るので、最新の情報を常にキャッチアップし続けなければなりません。

逆に言えば、知る人ぞ知る新商品情報をいち早く入手できるのが、美容に携わっている人のメリット。新しい商品を誰よりも早く試して、使用感を確かめることができる楽しさがあります。

美容業界の仕事に就くなら、いつも好奇心を忘れないでください。「今度はどんな商品が出るんだろう?」「これを使って、どんなサービスができるだろう?」といつもワクワク楽しみにしていれば、新しい知識をドンドン吸収してスキルアップしていくことができます。

 

2. 常に勉強し続ける

美しさのあり方は一つではありません。お客様ごとに魅力も違えば美しくなる方法も違います。その人らしい美しさを1番引き出せるのはどの方法なのか、それを探し出すのが美容の仕事です。

ですから、プロとして美容に携わるなら、常に良い方法を求めて勉強し続けなければなりません。「もしかしたら、まだ知らない方法があるかもしれない」と探究心を持って日々仕事に励みましょう。

勉強をし続けて知識を深め、スキルを磨いていける人は、経験年数が増えるごとに自分の能力をますます高めていくことができます。

 

3. スタッフ同士のコミュニケーションを大切に

コミュニケーションというと、お客様とのコミュニケーションを思い浮かべるかもしれませんが、実は同じ職場で働くスタッフ同士のコミュニケーションもとても大事です。スタッフ同士の関係がギクシャクしていると、自然とそれがお客様にも伝わってしまうからです。

店舗での仕事の多くは「スタッフ間の連携プレー」。ですから、スタッフ同士が上手く付き合い、スムーズに意思疎通できるように配慮しなければなりません。良いチームプレーは良い仕事を生み、結果的に自分自身のスキルアップにもつながります。

同じ職場の仲間と良い関係性を築くには、次のようなことを心がけてみてください。

  • 明るくあいさつをする
  • 報連相(報告・連絡・相談)を欠かさずに
  • 笑顔で仕事をする
  • ちょっとした気配りを大切に
  • 気が乗らない仕事も率先して引き受ける

 

4. 自ら率先して動く

仕事を早く覚える人は、例外なく自分から仕事を見つけて行動しています。先輩や上司から指示を待っているようでは、与えられた仕事をこなすばかりで、いつまでたっても自分の力を磨くことができません。

スキルアップのポイントは、まだ初心者の頃からどんどん動くこと。わからないことや知らないことが多くて当たり前の時期だからこそ遠慮せず人に聞くことができますし、失敗しても恥ずかしくありません。仕事を始めたばかりの頃にどれだけ自分から動けたかが、その後のスキルアップに大きく影響します。

ただし、慣れないうちはお客様に迷惑をかけてしまうこともあります。状況をよく判断し、先輩スタッフにサポートしてもらいながら行動するようにしましょう。

 

5. 提案力を磨く

美容の仕事に携わる人は、信頼できる美のアドバイザー。お客様に、美しくなるための提案をするのが仕事ですから、提案力は大事なスキルの一つです。

提案力を磨くには、お客様目線に立って物事を考えることが大事です。スタッフをしていると、どうしても店舗側の立場に立って考えてしまいがちです。「自分だったら、どうなりたいだろう?」「自分がお客様だったら、どんなことが知りたいだろう?」と、いつも自問自答しながら仕事をしていけば、お客様に納得していただけるような提案ができるスタッフへと成長できます。

 

仕事でお客様も自分も輝かせる!

美容の仕事はお客様を美しくできる、とてもやりがいのある仕事です。美容の仕事をすることで自分自身が輝いていけるような、素敵なスタッフになってくださいね。