ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

エステティシャンになりたい!働き方とここだけの本音とは?

2018.6.21

女性に人気の職業、エステティシャン。これからエステティシャンになりたいと憧れている方も多いでしょう。エステティシャンは、どんな職場でどんな仕事をしているのでしょうか。実際にエステティシャンとして働いている方の声も交えて、エステティシャンの仕事ややりがいなどをご紹介します。

エステティシャンの仕事とは?

エステティシャンは、美容サロンなどでフェイシャルケアやボディケア、脱毛、痩身などの施術を行う人のことを言います。施術範囲は全身に及び、顔からボディ、足裏、頭皮までを含みますが、ヘアに関する施術は行いません。ヘアに関しては美容師の仕事になります。

エステサロンは、さまざまな機器を使って人の外見を美しくするための施術を行います。よく似たものにリラクゼーションサロンがありますが、こちらはより癒しの効果を追求するサロンといえます。

どの範囲にどのような施術を行うかはサロンによってかなり異なり、施術方法もサロンごとに千差万別です。これからエステティシャンを目指す方は、どんな仕事をしたいのか、勤めたいサロンがどんな施術をしているのかをきちんと確認してから応募すると良いでしょう。

エステティシャンは、さまざまな方法で疲れた人の体を癒し、心を癒す仕事です。活躍の場は、エステサロンだけでなく、美容サロンやホテルなど多岐にわたります。何かと忙しい現代人にとって、良いエステティシャンに巡り合うことは人生を豊かにすることにつながるかもしれません。

 

エステティシャンに求められるもの

エステティシャンとして仕事をする人には、次のような能力・スキルが求められます。

1. カウンセリング能力
エステティシャンは、お客様に一対一で対応する仕事です。施術するだけでなく、施術の前後にはカウンセリングも行い、お客様のお困りごとや求めるものをきちんとヒアリングしなければなりません。

このカウンセリングを行うには、専門的な知識と人の話を聞く力が必要です。人の体の仕組みをきちんと理解し、お客様の状態を的確に判断しなくてはなりません。お客様の話に耳を傾け、重要な情報をきちんと引き出すことも大事です。

2. 癒す力
エステサロンに来るお客様は、きれいになりたいというだけでなく「癒されたい」という気持ちを持っています。ですから、エステティシャンは技術があるだけでなく、お客様の気持ちを和ませリラックスさせる力も持っていなくてはなりません。

お客様にとっては、サロンで過ごす時間は自分のためだけに費やすことができる貴重な時間です。エステティシャンはその貴重な時間をいただくわけですから、少しでも良い時間になるよう努力を惜しんではいけません。

3. 積極的に学ぶ姿勢
エステティシャンになるためには、特別な資格は不要です。美容の専門学校に通う人もいますが、多くは入社してから社内の各種研修を受けて、実地経験を積みながら、必要なスキルを身につけていきます。

ですから、エステティシャンになりたい人は自分からどんどん学ぶ姿勢を忘れてはいけません。新しい技術や商品も積極的に勉強していきましょう。接客技術などは、先輩エステティシャンから学ぶことができます。わからないことはどんどん聞いて、自分のものにしてください。

 

エステティシャンの本音

では、実際のエステティシャンの仕事はどんなものでしょうか。すでにエステティシャンとして働いている方からは、こんな声が届いています。

・お客様と仲良くなり施術に満足していただけるのが嬉しい
・施術でお客様がきれいになるのを見るのが楽しい
・見た目以上に体力を使うので疲れる
・新しい技術を学べるのが面白い
・知識と経験で自分も美しくなれる
・すべての分野をこなさなければならないのがつらい

エステティシャンはなかなか重労働な面もありますがやりがいがあり、知識とスキルが自分の役にも立つので楽しいと感じる人が多いようです。

 

美を追求するエステティシャンになろう!

エステティシャンは、お客様の外見的な美しさを磨きあげることができる仕事です。ここでご紹介したことを参考にして、お客様に感謝される素晴らしいエステティシャンになってくださいね。

 

エステティシャンのお仕事検索はこちらから!