ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

知らなきゃ損!アルバイト・パートの有給休暇

2018.9.25

有給休暇は正社員やフルタイム従業員だけのものと思っていませんか?アルバイトやパートでも有給休暇は取れるんです!有給休暇を取れるのはどんな人?何日間?など、誤解されることも多い、アルバイト・パートの有給休暇について解説します。

時給計算で給料が支払われることが多いアルバイトやパートの場合、1日休めばその分だけ収入が減ってしまいます。そのため、休みを取るときに「有給で休めたら…」と考えた経験がある人も多いのではないでしょうか。

でもそれ、きちんと申請していれば有給扱いになっていたかもしれません。

1日のお休みが収入に直結するアルバイト・パートだからこそ、有給休暇をもっとよく知ってみませんか?知らずに損をしてしまわないよう、今回はアルバイト・パートの人にスポットを当てて有給休暇について解説していきたいと思います。

 

アルバイトやパートに有給休暇はあるの?取得条件は?

結論から言いますと、アルバイト・パート勤務の人も有給休暇を取得できます。

そもそも年次有給休暇とは、一定期間勤続した「労働者」に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与される休暇のことで、「有給」で休むことができる、すなわち取得しても賃金が減額されない休暇のことです。

働き方いろいろ!アルバイト・パートの基礎知識でも書きましたが、アルバイトやパートも正社員と同じ「労働者」のくくりの中にありますので、当然労働基準法が適用され、一定期間勤続したアルバイトやパートの人にも有給休暇が付与されるのです。これは、契約社員や派遣社員も同様です。

 

年次有給休暇が付与される条件は2つ。

  1. 雇い入れの日から6か月経過していること※契約更新での継続も可
  2. その期間の全労働日の8割以上出勤したこと

(労働基準法第39条)

この条件を満たす場合、勤務期間や所定勤務日数に応じた日数の有給休暇が付与されることになります。

2の出勤率に関しては、採用当初は最初の6か月間の出勤状況で、その後は1年ごとの状況で判断されます。

ちなみに「全労働日」とは、あなた自身の雇用契約で定められた労働日のことで、週5日勤務の人と週2日勤務の人では全労働日は異なりますのでご注意ください。また、業務上の負傷・疾病のために休業した期間、育児休業・介護休業期間、産前・産後の休業期間は出勤としてカウントされます。

 

アルバイト・パートの有給休暇の日数は?

では、アルバイトやパートの場合、有給休暇は何日取れるのでしょうか?

 

年次有給休暇は、「一般の労働者」と「短時間労働者」で付与日数が異なります。

フルタイムやそれに相当する労働時間や労働日数がある場合には「一般の労働者」の基準で有給休暇が付与され、それ以下の労働時間や労働日数の場合には「年次有給休暇の比例付与」がされます。

 

それぞれの付与日数は以下の表のとおりです。

 

表A「一般の労働者」の休暇付与の日数

雇入れの日から起算した勤続期間 付与される休暇の日数
6か月 10日
1年6か月 11日
2年6か月 12日
3年6か月 14日
4年6か月 16日
5年6か月 18日
6年6か月以上 20日

 

表B「年次有給休暇の比例付与」の日数(短時間労働者)

週所定労働日数 年所定労働日数 雇入れの日から起算した勤務年数
0.5年 1.5年 2.5年 3.5年 4.5年 5.5年 6.5年以上
4日 169日~216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121日~168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73日~120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48日~72日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

 

少しややこしいのですが、同じアルバイト・パートの雇用形態であっても、所定労働日数や所定労働時間によって「一般の労働者」の付与基準(表A)が適用される人もいれば、「年次有給休暇の比例付与」の基準(表B)が適用される人もいます。

どちらの基準が適用されるのかは次の通りです

 

表A「一般の労働者」と同様の付与日数が適用

・週所定労働時間が30時間以上

・所定労働日数が週5日以上

・1年間の所定労働日数が217日以上

のいずれかを満たす労働者

 

表B「年次有給休暇の比例付与」の対象者

・週所定労働時間が30時間未満

・週所定労働日数が4日以下

・1年間の所定労働日数が48日から216日まで

のすべてを満たす労働者

 

有給休暇の日数が知りたい場合は、自分の雇用契約がどうなっているのかを確かめた上でどちらの表に当てはまるか見てみましょう。

 

6か月継続して勤務していればアルバイト・パートでも有給休暇を取得できる!

労働基準法で定められた年次有給休暇。最近では、有給休暇の取りやすさ=働きやすい会社のバロメーターと言われることも多いですね。

そんな有給休暇ですが、アルバイトやパートでも取得できることは、一般的にあまり認知されていないことかもしれません。

取得条件を満たしているにもかかわらず会社から何もアナウンスが無いという場合は、会社の方で認識していない恐れもあります。取得申請の方法や取得しやすい時期を上司に問い合わせたり、身近な先輩や同僚などに相談したりしてみると良いかもしれません。

年次有給休暇は労働者の権利ですが、知らなければ権利を行使することもできません。せっかくの有給休暇、自分や家族のためにぜひ有効活用してみてくださいね。