ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

「もう転職は最後にしたい!」セラピストがサロン選びで気をつけることは?

2019.1.21

セラピストが安心して楽しく働くにはどんなサロンを選ぶべきなのでしょうか。何度も転職を繰り返しているセラピストの方は、これまでのサロンを選ぶ基準を変える必要があるかもしれません。

リラクゼーションサロンで働いているセラピストは、一般企業の人と比較すると転職回数が多いことがわかっています。

収入が少ない・社会保険がない・人間関係や体力の問題など、様々な要因があげられます。

セラピストが安心して楽しく働くにはどんなサロンを選ぶべきなのでしょうか。

何度も転職を繰り返しているセラピストの方は、これまでのサロンを選ぶ基準を変える必要があるかもしれません。

 

続けられないのは自分が悪いの?

何度も転職をしているセラピストの中には、「自分は根性がなくてすぐ嫌になって辞めてしまう」と自分を責めてしまう人がいます。

でも本当にそうでしょうか?

合わない環境にいるとストレスを感じますし、モチベーションが下がるのも当然です。自分の性格の問題ではなく、合わないサロンを選んでしまっていることが問題なのです。

人にはそれぞれ適した環境があるので、あなたにも必ず楽しく過ごせるサロンはありますよ。

 

自分に合うサロンの選び方

セラピストになる前、あなたはどんな目標や夢がありましたか?

「自分のサロンを持ちたい」「サロン人気No.1のアロマセラピストになりたい」「お客様から信頼されるセラピストを目指す!」など、人それぞれ理想があったはずです。

例えば独立開業が夢なら、独立支援があるサロンやお客様と連絡先を交換できる環境、お客様が多い人気店を選ぶと良いでしょう。さらに、「スタッフは少なくてアットホームな職場」「上下関係やノルマが厳しくないサロン」「アロマトリートメントとリフレクソロジーのメニューがあって、強圧ではないところ」など細かい条件もつけていきます。

自分が何を求めているのかをしっかり把握し、優先順位をつけて、何が一番大切ではずせない部分なのかを考えてみましょう。

注意が必要なのは、給料が高いからという理由だけで選んでしまうことです。稼ぎたいという目標がある人は稼げるサロンを選びますが、お金だけで決めるとサロンに入ってから自分に合わないと気づくことが多く、すぐに辞めてしまいます。

稼ぐだけなら別の職業の方が効率が良いかもしれません。それでもセラピストという仕事を選んだのですから、他に何か理由や希望があるのではないでしょうか。

表面的な希望だけではなく、自分の深層心理を分析することも、転職活動において大切なことですよ。

 

気になるサロンは徹底的に調べる

転職活動をするにあたり、自分一人でサロンを探そうと思ってもサロンの情報が少ないと決めかねてしまうことがあります。そんなときは実際にお客さんとしてお店に行くことをお勧めします。サロンの雰囲気やどういったスタッフが働いているのかがわかれば、転職の判断材料になりますよね。

また、セラピスト仲間がいる場合は積極的に情報共有をしましょう。自分の気になっているサロンと意外な繋がりがあるかもしれません。インターネットの口コミなどでも情報を得ることはできますが、ネットの情報は鵜呑みにはしないで参考程度にしておいた方が良さそうです。

面接を受ける前にしっかりとサロンのことを調べ、面接後も「なんか違う」と思ったのならハッキリと断りましょう。

 

転職活動はお金も時間も体力も使います。できるだけ少ない回数にするためにも、自分の本当の気持ちは大切にしていきましょう。