ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

接客で使える!おすすめ音声翻訳ガジェット <アプリ編>

2019.7.2

外国語は苦手だけど、外国からのお客様を気持ちよく接客したい!そんなサロンワーカーの皆様におすすめしたい、最新音声翻訳ガジェットをご紹介します。今回はアプリ編!

東京オリンピック開幕までおよそあと1年。今年9月にはラグビーワールドカップも控え、日本観光はますます盛り上がりを見せています。

インバウンド需要を見込み、外国からのお客様をお迎えする準備を整えているというサロンも多いのではないでしょうか。

とはいえ、サロンでのお仕事はお客様の体や髪に直接触れますから、アレルギーの確認や注意事項の伝達、お客様からの要望の理解といった、会話による細かいコミュニケーションが不可欠です。そのため、サロンワークは外国語しか話されないお客様に対し、言葉の壁を感じる場面が多い職業とも言えます。

皆様の中にも、外国からのお客様を接客した際に、伝えたいことの半分も伝わらずにもどかしい思いをしたという人も多いかもしれませんね。

 

そんな中、言葉の壁を飛び越える、音声入力(認識)機能を持った使い勝手の良い自動翻訳ガジェットが次々と誕生しているのをご存知でしょうか?

今日はそんな音声翻訳ガジェットの中からスマホやタブレットなどで使える「翻訳アプリ」をご紹介したいと思います!

 

音声入力対応!パワーアップした翻訳アプリ

以前からスマートフォンやタブレット端末にインストールして利用できる翻訳アプリは存在していましたが、使い勝手が悪く、翻訳も正確ではないという評価のものがほとんどでした。

そのせいで、翻訳アプリには期待できないという人も多いかもしれませんね。

しかし、ここ数年で翻訳アプリは飛躍的に進化したといっても過言ではありません。簡単に翻訳できるアプリが続々と登場しているのです。

注目したいのは音声入力と翻訳の精度です。

以前はおまけのような音声入力機能でしたが、近年Appleの「Siri」やGoogleの「OK,Google」、スマートスピーカーなどが登場し、音声認識の技術がアップしました。そのため翻訳アプリにおいても正確な音声入力が可能になってきたのです。

面倒なスマホへのテキストの打ち込みなどは不要になり、会話を自動的に翻訳してくれるアプリも。

さらに、AIの進化で翻訳精度も上がっているようで、旅行などでよく使われるフレーズなどはかなり正確な翻訳が可能だとか。

また、音声入力→翻訳→音声出力までが非常にスピーディーで、アプリを通しての会話も格段にスムーズになってきました。

以前使ってみて「これじゃあ使えない…。」とアプリを削除してしまった人にこそ、ぜひもう一度翻訳アプリを使ってみてほしいです。

 

おすすめの音声翻訳アプリ

【Google 翻訳】

Google翻訳アプリは最大103言語間の翻訳(入力モード時)が可能な最も人気の高い翻訳アプリです。

ダウンロード、利用ともに無料です。(データ通信費は除く)

特に音声入力機能が優秀で、机に置いたまま会話するだけで2言語を自動検出して翻訳してくれる「会話モード」がおすすめです。

会話モードの翻訳は日本語を含む主要32 言語に対応しています。

「リアルタイムカメラ翻訳/カメラモード」ではスマホやタブレットのカメラ機能を使って、画面の中のテキストを自動に検出し翻訳してくれるので、メニューや契約書、カウンセリングシートの翻訳にも期待できそうです。

ほかにも、静かな空間で利用しやすい「手書きモード」やよく使うフレーズを保存して作る「フレーズ集」はサロン接客でも活躍してくれそうです。

自動翻訳アプリではめずらしくオフラインでの使用もできますが、オフラインでは自分でテキストを打ち込んで翻訳する「入力モード」しか使えず、さらにはオンラインよりも翻訳精度が落ちてしまうため、断然オンラインモードがおすすめです。

実は、最近人気の「POCKETALK (ポケトーク)」などのポータブル音声翻訳機も、翻訳システム自体はGoogle翻訳を使っているということが多いため、音声翻訳ガジェットを試してみたいという人は、まずはスマホさえあれば無料で使えるGoogle翻訳を使ってみるのが良いかもしれません。

 


【VoiceTra(ボイストラ)】

VoiceTraは東京オリンピックでの利用を目標に開発されている日本製の多言語音声翻訳アプリです。

開発は国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)ということで、まさに政府主導の外国人おもてなしアプリと言っても良いかもしれませんね。

ダウンロード、利用ともに無料です。(データ通信費は除く)

オンラインのみの対応で、入力モードは音声入力とテキスト入力の2つ。

翻訳できる言語は全部で31言語。そのうち音声入力は18言語、音声出力は16言語に対応しています。

Google翻訳に比べると翻訳可能言語も入力方法も少なく、オフラインでは使えないということで少し物足りなさを感じますが、日本語がメインの日本製の翻訳アプリということで、Google翻訳よりも地名などの固有名詞をはじめ、日本に関する翻訳精度が高いという意見もあるようです。

また、翻訳内容が誤っていないかを確認するための「逆翻訳結果」を表示する機能があるところがユニークです。

これは、日本語から英語に翻訳するときに、日本語を英語に翻訳し、さらにその翻訳結果を日本語に翻訳して表示するというものです。これにより、翻訳の正確性を確かめられるということのようです。

サロンでセンシティブな内容を翻訳する際には、念のために逆翻訳結果を確認してみると良いかもしれません。

ほかにも、1000件までの翻訳履歴が保存でき、さらに使用頻度で並べ替えることもできるため、よく使うフレーズをスピーディーに呼び出すことができます。

使い方ガイドなどマニュアルも充実しているため、電子機器が苦手という人にも向いています。

VoiceTraの技術は民間企業等が自由に利用できるため、いずれVoiceTraをベースとした、日本人にとってもっと使いやすいアプリが登場するかもしれませんね。

多言語音声翻訳アプリ<ボイストラ> 公式サイト
http://voicetra.nict.go.jp/index.html

 

翻訳アプリを使ってみましょう!

AI技術や音声入力の進歩により、より便利に、より正確になってきた翻訳アプリではありますが、日本語翻訳の精度という点に関して言えばまだまだ改善の余地があります。

使用の際は、長文を短いセンテンスで区切って翻訳したり、あらかじめよく使うフレーズを保存しておいたりと、使い方を工夫してみると良いかもしれません。

また、英語から他の外国語への翻訳はかなり正確ということですので、英語が得意な方は英語で話しかけてみるのも良いでしょう。

ただ、日本語を理解できない多くの外国人観光客にとってみれば、間違っているところがあっても、アプリを通して積極的にコミュニケーションをとってくれることにこそ価値を感じてくれるのではないでしょうか。

外国語会話と同じように、慎重になることが必要な場面、内容を除いては、そこまで誤りを恐れることはないと思います。

今回ご紹介した2つのアプリは、ダウンロード、利用ともに無料で手軽に音声翻訳を試せるものです。

実際にサロンでお客様相手に使う場合には店長などの許可が必要ですし、サロンでの使用ができない場合もあるかもしれませんが、お家で外国語学習に使っているという意見も多いので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 


【Google 翻訳】
Android 版 ダウンロード  / iOSデバイス向け ダウンロード

【VoiceTra(ボイストラ)】
Android 版 ダウンロード / iOSデバイス向け ダウンロード