ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

スマホアプリで履歴書写真を撮ってみた~撮影のコツと良い点・悪い点~

2019.11.26

美容業界への転職活動には見た目も重要!それは履歴書の写真においても同じことです。明るくイキイキとした写真で好印象を持ってもらいたいですよね。今回は履歴書に貼る証明写真をスマートフォンのアプリを使って撮ってみた感想と、実際に転職活動に使えるかについてレビューしてみたいと思います。

スマートフォンのカメラを使って証明写真を撮ることができるアプリがあることをご存知でしょうか。

アプリをダウンロードして、アプリの指示に従って撮影、編集するだけで規定サイズの証明写真のデータを作成することができ、それを自宅のプリンターや、コンビニエンスストアの印刷機を使って印刷することができるのです。

さらに、基本的にアプリは無料で、スマートフォンさえあれば、証明写真を印刷代(30円~)だけで作成することが可能です。

もしこのアプリを使ってキレイな証明写真を撮ることができるならば、写真スタジオに行く時間がない人、証明写真機(スピード写真)が自宅や職場の近くにない人にとって、履歴書写真を準備する手間やお金がぐっと節約できますよね。

今日は、証明写真アプリのうちの一つを使って、使い勝手や良い点、悪い点などから、実際に転職活動に使えるかについて見ていきたいと思います。撮影のポイントなどもご紹介しますので是非お役立てください。

 

使ってみたのはこれ!「履歴書カメラ」

今回使ってみたのは、バイト選びは♪でおなじみのTOWNWORKがプロデュースしている証明写真アプリ「履歴書カメラ」です。

履歴書用の写真のほかに、運転免許証用、マイナンバーカード用など3種類のサイズの証明写真が撮影できます。また、写真単体だけでなく、写真を添付した履歴書を印刷する機能もあります。

アプリは無料で、撮影した写真はお家で印刷するかコンビニで印刷するか選択でき、コンビニプリントの場合Lサイズの写真を印刷するのと同じ料金がかかります。(30円~)

使い方は次の通りです。

 

1.アプリをダウンロード&インストールする

 

2.アプリを開きメニューを選ぶ

・撮影か印刷を選択(はじめは印刷を選択)

 

3.撮影の準備をする

・背景や照明が適当な場所を選ぶ

・髪型やメイクなどを確認する

 

4.実際に撮影する

・表示されるガイドラインに顔を当てはめて撮影

・「撮るコツ」を表示させることもできる

・この画面からスマホ内に保存してある写真を選択することも可能(画面右上「山の絵」のマーク)

 

5.写真を補正する

・補正イメージ(肌)を選択(ノーマル/清潔感/健康的/華やか)

・くま消し(明るさ補正)

 

6.サイズを選択

・3.0×4.0㎝(履歴書)

・2.4×3.0㎝(運転免許証)

・3.5×4.5㎝(マイナンバーカード)

・セットパック(上記3つのサイズのセット)

 

7.写真を保存する

 

8.印刷する写真を選んで印刷方法を選択する

・写真付き履歴書か証明写真のみかを選択する

・家で印刷かコンビニで印刷するか選択する

※コンビニプリントを利用する場合は、各サービスのアプリをインストールして登録を行う必要があります。

 

9.印刷を実行する

 

できあがり!

 

使ってみた感想は?

アプリはとても使いやすく、ガイドがたくさん表示される親切仕様です。画面の指示に従って操作すれば簡単に履歴書用写真を撮影できます。

印刷は自宅にプリンターがある方なら追加コスト0円ですが、クオリティーを重視するならコンビニプリントがおすすめです。コンビニプリントとの連動もとっても簡単で、特に問題なく印刷も可能でしょう。

実際、65歳の母に使用してみてもらったところ、ほとんどの点で問題なく印刷までこぎつけていました。

ただし、撮影にはコツがいります。特に自撮りに慣れていない方は手間取ってしまうかもしれません。詳しい撮影のコツは次の章でご紹介します。

 

キレイな証明写真を撮るためのポイント!

履歴書カメラを使ってキレイな証明写真を撮るためには、撮影する場所と撮影方法がポイントになります。

【撮影場所】

・十分な量の光がある場所で撮影する

→写真が暗いと証明写真として使えない。明るさ補正の効果は弱めで、明るくしすぎると写真が鮮明でなくなってしまう。

 

・正面から光があたるように撮影場所を調整する

→顔に影ができてしまうのを防ぐ。目の中に光が入り込むと明るくイキイキとした印象に。

 

・証明写真の背景としておかしくない場所で撮影する

→後から背景を合成するような機能はない。自宅での撮影を感じさせない場所を自分で用意することが必要。

 

・壁から50㎝ほど離れて撮影する

→背景に自分の影が映りこんでしまうのを防ぐため

 

【撮影方法】

撮影するときに目線より高い位置にカメラを持っていく必要があり、両手でスマホを持って撮影すると不自然な姿勢や襟元のしわが気になってしまいます。

また、手の位置を気にすると今度は二重あごの写真になってしまいがちに。

それを防ぐために

  • 自撮り棒をつかう
  • 三脚+タイマーを使う
  • 家族の誰かに撮ってもらう

などの対策が必要でしょう。

実際、私も自撮りでは二重あごになってしまい、家族に撮ってもらってやっと納得のいく写真を撮ることができました。

 

写真の仕上がりは?履歴書写真として使えるか?

仕上がった写真を見たところ、30円で撮れた写真とは思えないほどの出来だと思います。プロに撮ってもらう写真とは比べられませんが、一般的な証明写真機(スピード写真)と比較すると、証明写真機の費用が700円~1000円するのに対し、その値段の差ほどの違いは感じられません。

ただし、差は確実にあります。撮影者の腕や撮影環境に大きくよるところですが、

  • 写真が暗い
  • 気をつけていても顔に影ができる
  • 補正の度合いによっては写真がぼやけてしまう(くっきりしていない)

などが特に気になる点です。

一方、良い点もあります。

自宅でリラックスしている状況で、何度も撮り直しがきくことから、納得のいく表情の証明写真を撮ることが比較的容易です。自然な柔らかな表情の証明写真に対しポジティブな印象を持ってくれる面接官もいることでしょう。

また、メイクや髪型が気になったときも、何度でもじっくりお直しできるのは自宅撮影ならではです。

 

さて、肝心の履歴書写真として使えるかに関してですが、時間がなくて写真が用意できない、急に履歴書が必要になったなどの場合の応急処置的にスマホアプリを使って証明写真を取ることはありだと思います。皆さんも思っていたよりもキレイに撮れてびっくりするのではないでしょうか。

ただし、履歴書写真を並べるような場面で比較されると、違いを見抜き自宅(スマホ)で撮った写真だと気づく面接官はいることでしょう。その場合本気度や計画性に疑いを持たれるなど、印象を下げてしまうリスクがあることはしっかりと理解しておきましょう。

 


簡単にキレイな証明写真が撮れるスマホアプリはとっても便利で、転職活動においても臨機応変に活用することは可能だと思います。

ただし、時間に余裕をもって写真を用意できるという人は、お金をかけてでも良い写真を撮ることが転職活動の自信につながっていくことも忘れないでくださいね。

 

【今回使用したアプリ】

履歴書カメラ

Recruit Co.,Ltd.

無料

App Storeからダウンロード

Google Playからダウンロード