ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

社員を大切にする会社を見極める4つのヒント

2020.1.7

今回のコラムでは社員を大切にしている企業かどうかを見極めるための4つのヒントをご紹介したいと思います。今の会社から転職すべきか迷っているという方、居心地の良い転職先を探しているという方、ぜひ、4つの見極めポイントをチェックしてみてください。

働き方改革がスタートしてから、「働く人にとっての働きやすさ」について考え、社員を大切にすることを重視する企業が増えてきました。

転職活動中の人の多くは、せっかく転職するなら社員を大切にしてくれる会社に転職したいと思っているのではないでしょうか。

また、今の会社は社員を大切にしてくれているのだろうかと疑問を持ちながら働いている人もいるかもしれませんね。

そこで今回のコラムでは、社員を大切にしている企業かどうかを見極めるための4つのヒントをご紹介したいと思います。

 

ヒント1. お客様からは見えない社員専用エリアはキレイか?

まず社員しか使わないエリアがきちんと整備されているのかを見てみましょう。

社員用のロッカールームや備品などが収められているバックヤード、休憩室、社員専用のトイレなど。

常に整理整頓されて清潔を保っているかだけでなく、不便なところは改修されているか、古いものは新しいものに取り換えられているかなど、しっかりと手間とお金をかけて整備されているのかを見るのがポイントです。

施設や設備をキレイに保つためにはお金がかかります。直接売り上げに関係しない社員専用エリアはいくらでも後回しにできる場所です。

それでも社員の働きやすさにコストをかけられる会社は社員を大切にしている会社と言えるのではないでしょうか。

面接などで会社を訪問する際には、機会があればお店の表と裏、両方をチェックするようにしましょう。

 

ヒント2. 社員研修やスキルアップに対して積極的か?

美容業界においては新人研修ありきな求人が当たり前ですが、会社によって研修に対する考え方や方法は様々です。

また、新人研修だけでなく、デビューした後のスタッフに対するスキルアップ講習会や勉強会など、社員が成長できる仕組みにきちんと時間・手間・コストをかけているかも見ておきたいところです。

社員を大切にすることとは、労働条件や待遇を整えることだけではありません。社員一人一人の成長をサポートすることでそれぞれの働きがい、やりがいにつなげていくことも社員を大切にする一つの方法なのです。

成長を感じられるかどうかは社員の定着率にも関係し、会社の将来性にもつながっていくことですのでしっかりと見極めてください。

転職先を探しているという人は、面接などで研修内容や方法などを具体的に聞いてみるのも良いかもしれません。

また、働き方改革により長時間労働に対する意識が変化し、営業時間内に研修が行われるような仕組み作りができている企業も増えています。そういう企業の場合、社員の成長と同じぐらい個人のプライベートや健康に対しても気にかけてくれる会社だと考えられます。

 

ヒント3. 適切な評価制度や昇進制度はあるか?

ここ数年、会社の評価制度の不公平感を理由に転職をする人が増えているそうです。そのため、働く人に焦点を当てた会社では評価制度の見直しや、キャリアパスの明確化などを行うことが多くなっています。

ただし人事制度に関しては会社の外からだとわかりにくいということもあるでしょう。求人ではわからないという時は、面接の逆質問などを利用して評価制度や昇進制度について聞いてみましょう。

例)
リーダーやマネージャーなどの責任あるポジションを目指していきたいと考えていますが、御社ではどのような評価制度・昇進制度を取っているのでしょうか?

 

また、現在働いている会社の評価制度や昇進制度について適正なのか疑問に思っているという方は、「尊敬できる上司はいるか」について自問してみましょう。

尊敬できる人が昇進しているということは、社員の能力をしっかりと見極め、適切な人事評価がなされているということではないでしょうか。

また、自分より長く働いている先輩社員や、会社のエース級の社員の待遇はどうなっているのかも確かめてみると良いでしょう。

会社が社員の何を評価し、どのように還元しているのか、会社の考え方が見えてくるはずです。

いずれにせよ、社員を正しく評価し頑張りに応えることは社員を大切にすることでもあります。適切な評価制度や昇進制度が会社にあるのか、しっかりと把握しておきましょう。

 

ヒント4. 求人は魅力的か?

皆さんは自分が勤めている会社の求人を見たことがありますか?見たことのない人や、最近は見ていないという人は、ぜひ一度最新の求人をチェックしてみてください。

また、転職活動中に求人を見ているという人は、条件検索で絞り込んだ後は、しっかりと求人の細かい点まで見ていきましょう。

その求人は魅力的で応募してみたくなるものでしょうか?

応募者に対して十分な情報提供がなされているでしょうか?

あなたが魅力的な求人だと感じたなら、それは社員の立場に立って働きやすさとは何かをしっかりと考えられている求人だからでしょう。

十分な情報が書かれているのは、企業が上から目線で応募者を選ぶのではなく、企業と応募者(労働者)がお互い選びあう対等の立場であるということをしっかりと理解しているからでしょう。

同じ条件であっても求人内容を細かく見ていくと会社が応募者や今働いている社員に対してどのような姿勢を持っているのか見えてくるものがあります。

反対に、まったく応募する気にならないという場合は要注意です。

会社によっては求人まで手が回らないということもあるのかもしれませんが、人手不足で忙しい時だからこそ、社員のことを考えれば魅力的な求人を出すことは最優先にするべきではないでしょうか。

魅力的な求人を出して余裕のある人材を確保することも、社員を大切にすることにつながっているのです。

 

※求人内容に不明な点等がある場合には、質問メールや面接などで必ず明らかにしてから入社するようにしてください。

※求人に悪質な虚偽・誇張があった場合には都道府県労働局の相談窓口(需給調整事業関係業務担当窓口)に相談することもできます。

 

社員を大切にできるかどうかは会社の将来性にも関わる

さて、今回社員を大切にしている会社を見極めるヒントとして、4つのポイントについてあげていきました。

もちろん会社が本当に社員を大切にしているかどうかは実際に働き始めなくてはわからないことではありますし、今回あげた4つのポイントに全く当てはまらなくても自分の会社は社員を大切にしてくれていると感じている人もいることでしょう。

ただ、今回あげた4つのポイントからは、会社が

  • 人手不足に危機感を感じていること
  • 社員を大切にすることが人手不足の解消にとって必要なことだと考えていること
  • 社員のモチベーションや定着率を高めるためには適切な評価が必要だと考えていること
  • 社員の成長をサポートすることが会社の成長にもつながっていくと信じていること

が見えてくるのではないでしょうか。

このような会社は、社員を大切にしてくれる働きやすい会社というだけではなく、現状を正確に理解し、課題に前向きに取り組んでいる将来性のある会社でもあると言えるかもしれませんね。

自分にとって居心地の良い会社を見つけるだけでなく、長く安心して働ける会社を見つけるためにも、4つの見極めポイントをぜひチェックしてみてくださいね。