ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

転職用語の基礎知識 「WEB面接」とは?マナーとポイント

2020.3.3

新型コロナウイルスの影響により出社を控える動きが出てきています。そんな中、転職の選考においても対面しない面接、「WEB面接」を利用する企業が今後増えてくるかもしれません。今日はWEB面接の基礎知識とWEB面接を受ける時に気をつけたい点を見ていきましょう。

新型コロナウイルスの影響により出社を控える動きが出てきています。

そんな中、転職の選考においても対面しない面接、「WEB面接(オンライン面接)」を利用する企業が今後増えるかもしれません。

今日はWEB面接の基礎知識とWEB面接を受ける時に気をつけたい点を見ていきましょう。

 

WEB面接とは?ウイルス対策だけじゃない!WEB面接のメリット

採用面接のすべて、もしくは一部をPC(パソコン)やスマートフォン、タブレットなどを利用し、オンラインで行うことをWEB面接と言います。音声だけでなく付属のカメラを使って画面越しにお互いの姿を見ながら面接を行います。

スマートフォンなどで利用できるビデオ通話(ビデオチャット/テレビ電話)のような機能で面接をすると言えば、イメージしやすいのではないでしょうか。

会社や面接会場に赴くことなく採用面接を受けることができるため、面接に関わる移動時間の節約、交通費の節約になります。

また、自宅で面接を受けることで、リラックスした状態で受けることができるというメリットもあります。

今回の新型コロナウイルス感染症対策としてだけでなく、遠隔地での就職(Uターン・Iターン)を目指す人、子育て中で長時間の外出が難しいという人にとってもメリットが多く、就職機会、そして企業にとっては採用機会が増えることが期待されています。

 

 

WEB面接の手順と必要なもの

WEB面接で使われるツールは企業によって異なりますが、システムの特徴から2種類に分類できるようです。

 

  • 一般的なビデオ通話機能を利用するもの
    例)Skype、LINEビデオ通話、Facebookメッセンジャー、FaceTime(Apple)、Googleハングアウトなど

 

  • クラウド型のWeb面接システムを利用するもの
    例)Whereby(旧:appear.in)、HARUTAKA、インタビューメーカー、BioGraph、Calling Meeting、playse web面接など

 

一般的なビデオ通話機能を利用するWEB面接の場合、事前にPCやスマートフォンなどに、企業の指定したアプリをインストールしたり、利用者登録などを行ったりする必要があります。

クラウド型のWEB面接システムを利用する場合、登録や専用のアプリが不要なことがほとんどで、企業から送られてくるURLにアクセスすることでインターネットブラウザからクラウド上の面接ルームに入室することができます。

いずれにしても、カメラ付きの端末(PC、スマホ、タブレット)とインターネット回線(有線、Wi-Fi、モバイルデータ通信)は必須となります。

 

WEB面接が行われる場合、事前に企業からメールなどで利用するアプリやサービス、利用方法の手引き、登録方法、面接日時などが送られてきますので、指示の通りに設定等を行っておきましょう。

もしわからないことがあったり、指示通りにやっても機能しなかったりという場合は、自分で調べられることは調べ、それでもだめなら担当者に問い合わせましょう。

企業にとってもWEB面接は比較的新しい試みなので、問い合わせがあったからといって面接で不利になることはないでしょうが、あまりにも面接ぎりぎりに問い合わせなどがあると、計画性を疑われてしまうことがありますので気をつけましょう。

 

WEB面接を受ける時に気をつけたい点

WEB面接と言っても、基本的には対面式の面接と変わらないマナーで大丈夫です。

とはいえ、やはりところどころに通常の面接との違いや、特有の問題が起こる可能性もあるため、しっかりと備えることが必要になります。

WEB面接を初めて受ける方などは、以下の点についてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

WEB面接ツールの設定。プライベート情報の変更も

前述のとおり、企業から指定されたWEB面接ツールの中には、事前準備が必要なものもあります。アプリのインストールやアカウント登録などは面接前までに余裕をもって行っておきましょう。

アプリなどの操作を覚えるために事前に家族や友達などに協力してもらって、使用感を確かめておくのも良いでしょう。

また、プライベートで使用しているアカウントを使う場合には、あらかじめプロフィールなどを面接仕様に変えておくことをおすすめします。

  • 表示される名前(ニックネーム)→本名に
  • アイコン画像→自分の写真や当たり障りのないものに
  • 趣味など→履歴書の内容と矛盾はないか

など、会社の人に見られも良い内容に変更しておきましょう。

 

面接を受ける環境を整える

WEB面接は、基本的に自宅で面接を受けることになるので、カメラに映りこむものと周囲の雑音(生活音)については十分に注意しましょう。

できるだけ部屋の様子が映らない場所、例えば壁だけが映るような場所にカメラの向きを調整しましょう。どうしても部屋の様子が映ってしまう場合には、しっかりと整理整頓し、だらしないと思われないようにしてください。

また、ご家族と一緒に住んでいる方などは、あらかじめ何時から何時まで部屋で面接を受けるので音をたてないようにとお願いしておくと良いでしょう。

もちろん、面接の間にスマートフォンが鳴ってしまったり、PCの通知音などが鳴ってしまったりするのは通常の面接と同様マナー違反のため、鳴らないように設定しておきましょう。

他にも、WEB面接中は安定したインターネット回線を用意しておくことも必要です。面接中に回線が切れてしまったり、遅くなってしまったりしないよう、有線通信にしたり、電波の良いところに移動したり、また、ほかのソフトの起動を停止しておいたりなど工夫して対処しましょう。

 

カメラとマイクの事前チェックを

面接環境が整ったら、カメラとマイクもチェックしておきましょう。

PCやスマホに内蔵されているビデオ録画機能などを使って、どのように映るか、どのように声が聞こえるかなどを確認しておくと安心です。

カメラに関しては、

  • 自分の映る角度(二重顎になっていないか、自然な目線の位置など)
  • 映りこむ映像(部屋の様子など)
  • 映像の明るさ(暗い場合はライトやレフ版効果のあるものを用意)

などをしっかりと確認します。

スマホの人は、手に持ったまま面接を行うと、どうしても手振れしてしまったり不自然な姿勢になってしまったりするため、スタンドなどを利用した方が良いと思います。もしPC、スマホ両方持っている場合はPCを使う方がベターです。

マイクは基本的に内蔵のもので十分ですが、環境(カメラやスピーカーが内蔵されていないPCなど)によっては別途マイク付きイヤホンなどを購入する必要があるかもしれません。

 

服装は普通の面接と同じものを!

基本的に対面式の面接と同じようなパリッとした格好をするようにしましょう。

画面越しだからと服装やメイク、髪型などで手を抜くのはNGです。皆さんご存知の通り、最近のカメラはとてもきれいに映るため、面接官に伝わってしまいます。

対面式の面接と同様、見た目の印象が面接結果を左右することは十分あり得ます。油断せず、身だしなみを整えましょう。

 

カンペもOK!ただし目線には気をつけて

WEB面接では、カメラに映らない場所にカンペを用意しておくことができます。自分が伝えたいことを箇条書きなどにして、カメラに映らない壁やPCのデスクトップなどに貼っておきましょう。

ただし、手元において下を向いて読むのはNG!

メモは目線の位置に用意しちらりと見るぐらいにとどめ、面接官の正面、すなわち端末のカメラの部分を自然に見つめながら面接に対応することで、誠実さや自信をアピールしましょう。

 

遅刻は厳禁!

通常の面接同様、WEB面接でも遅刻は絶対にしてはいけません。

とくにWEB面接の場合は、慣れていないと不足のトラブルが起こってしまうこともあります。

当日、知らされている面接時間よりも少し早く面接のスタンバイを完了しておくことはもちろん、機材や通信のトラブルによって万が一遅刻してしまった場合に備え、担当者への連絡方法などもあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

余裕を持った行動を心がけてください。

 

WEB面接は録画されている可能性大!!

実はWEB面接、企業にとってのメリットもたくさんあり、その一つが、面接状況を録画して後から見直すことができるというもの。

つまり、面接官だけでなく、採用に携わるすべての社員が面接の様子を後からチェックでき、ほかの候補者と比べてジャッジすることができるということです。

公平と言えば公平ですが、シビアな見方をされることも考えられますので、録画される可能性も念頭に置いて、油断せずにWEB面接に臨みましょう。

 

これから増えるかも?!WEB面接を知り、備えておきましょう

人手不足の中、広く人材を募集するためにWEB面接を導入しようという企業が増えています。美容業界においても、そのような企業が増えるかもしれません。

WEB面接の普及は、転職を希望する人にとって、交通費や時間の心配をせずに選考を受けられることで、転職先を選ぶ選択肢が広がることが期待できます。

いざ、WEB面接の機会が与えられたときに慌てずチャンスをつかめるよう、WEB面接を知り、備えておきましょう。