ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

仕事の悩みは抱え込まず相談者を持つ

2018.4.25

あなたは相談できる相手を持っていますか?何かあった時に助けてもらえる関係は築けていますか?先日、ある会社のリーダー研修を実施したのですが、
みなさん、たくさんの悩みを抱えていました。

あなたは相談できる相手を持っていますか?

何かあった時に助けてもらえる関係は築けていますか?

先日、ある会社のリーダー研修を実施したのですが、
みなさん、たくさんの悩みを抱えていました。

特に店長など、管理職になると、安易には
相談できないこともたくさん出てくるようです。

リーダーだけでなくても、悩みを抱え込む方はたくさんいます。

日々対応しているキャリアカウンセリングでも、
私は必ず「その悩み、会社の誰かに相談しましたか?」とお伺いします。

多くの方が、一人で抱え込んでいるのを感じました。

相談する、ということは、誰かに解決のサポートを
してもらうことですが、実はそれだけではありません。

状況を知っておいてもらう、ということなのです。

先日、ある方からの相談で、セクハラを受けている、というものがありました。

この方、自分の思い過ごしじゃないか、と思ってまだ社内の誰にも相談していませんでした。

しかし、とうとうエスカレートして、自分ひとりでは対応できない状態になり、
私のところに相談に来られたのです。

事が大きくなってから、周囲に相談するのではなく、
状況を共有しておくことで、未然に防げることはたくさんあります。

また、自分では思いつかない対処方法を
教えてもらえることで、よりよい解決につながることもあります。

冒頭で、管理職になると、安易には相談できないことが増える、
と書かせていただきましたが、管理職は、チームをまわしていく、
チームで成果を出していく、これを最も意識しなくてはなりません。

自分ひとりの経験では、判断しかねることもあります。

責任感の強いリーダーほど、自分でなんとかしようと
するようですが、チームで成果を出すためには、
それではよい解決にならないことがあります。

責任を果たすためにも、相談する、状況を共有しておく、
という行動は、決して悪いことではありません。

むしろ、すべきことです。

リーダー研修では、何かあった時に相談できる人の
名前を書きだしてみる、というワークを実施しています。

相談が苦手な人は、まずは、自分の周囲の人を思い浮かべ、
書き出してみてはいかがでしょうか。