ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

人間関係で我慢しない方法

2018.10.25

最近よく問題となっている「パワーハラスメント」。被害にあいやすい人には、実は特徴があるんだそう。どんな人がターゲットになりやすいのか、ターゲットにならないためにはどうすれば良いのか。キャリアアドバイザー・藤井先生からお話をうかがいました。

キャリア相談で、転職したい、という人の理由の多くが人間関係です。

「上司と意見が合わない」

「同僚となんとなくうまくいかない」

「上司から強く言われても、返せずに抱え込んでしまう」

「言いたい事が言えなくて、いつも論破されてしまう」

などなど。

しかし、転職で根本が解決することでもなかったり…。

というのも、新たな環境にもこれまた新たな人間関係があるからです。

 

逃げた方が良い職場も…。パワハラの被害にあいやすい人とは?

もちろん、人間関係による転職が悪い、ということではありません。

キャリア相談でお話をおうかがいしていると、それは辞めた方が良い(逃げた方が良い)ということもあります。

ポイントは、我慢しないことです。

ひどい人のいる職場から我慢しないで逃げることもそうですし、また、続けるという選択を取った場合も、我慢ば禁物。

その場合は、職場で言いたいことはちゃんと言いましょう。

 

最近よく問題となっているパワーハラスメント。

被害に遭いやすい人には、実は特徴があるんだそう。

それは、

  • 経験が浅い
  • おとなしくて意見を言わない
  • アクション、反応が遅い

など。

こういう人の共通点は、「自信がなさそうに見える」ことです。

パワハラを起こす人は、ターゲットを見つけます。そう、「この人なら文句を言わないで我慢するだろう」という人を。

 

パワハラのターゲットにならないために

自分の身を守るためにも、

  • 意見はきちんと最後まで言い切る
  • 我慢しない
  • なるべくテキパキ話す

など、意識して変えてみることをおすすめしています。

そして、一人で抱え込まず、味方を見つけること。

何か誰かにされたり言われたら、自分の勘違いかも、と思い込まず、周囲にあった出来事を共有しておくことで、未然に防げることもあります。