ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

育ててもらえる人とは

2019.3.26

人が成長するためには、部下を育てようとしてくれる上司の存在が不可欠です。育てたい!と周囲から思ってもらうためにはどうしたら良いのでしょうか。上司をその気させるヒントをご紹介します。

正直なところ、人の成長は、環境によるものが大きいです。

同じ環境でも、成長は人それぞれ、ということはありますが、しかし、その人が伸びるかどうか、環境も影響します。

例えば、転職したことで、前職では成長できなかった人が次の会社では成長するってこと、実際によくある話。

私自身、最初に入った会社より2社目の方が明らかに成長できたことを実感します。

特に若手の頃は伸び盛り。その時の環境の影響は、思った以上に大きいのです。

 

人が成長できる良い環境とは?

さて、良い環境とはどんな感じでしょうか。

それは、

①社風
みんなが切磋琢磨しようという意識の高い集団である。

②上司
部下を育てようとしてくれる上司に恵まれること。

です。

 

しかし、先に述べたように、同じ環境でも、同じ上司の下でも、成長する人としない人がいます。

 

育てたいと思ってもらえるように自分を変えることも大切

先日、ある企業研修で、上司が部下を育成する意識が低い、と嘆いている人たちが多数いらっしゃいました。

成長したいのであれば、環境を変えるための転職や部署異動も一つの手段です。

しかし、こんな方法もあります。

この部下を育てたい!と自分のことを思ってもらえるよう、上司を焚きつけるのです。

 

例えば、自身の後輩が

  • 仕事に対していつも一生懸命
  • 素直に学ぶ姿勢がある

と、「育てたい」と思う気持ちの度合いが高くなるのではないでしょうか。

打てば響く、と思うと、育成にも熱が入るものなのです。

 

つまり、自分のことを育てたい!と上司に思ってもらえるためには自分の姿勢が大事なのです。

上司をその気にさせてみましょう!!