ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

人のことが気になる時の心境

2019.10.1

周囲の人に対し過剰に反応してしまう時、実は自分の心の状態に気がつくチャンスかもしれません。キャリアカウンセリングにおける「人間関係の悩み」に対するアプローチの方法をご紹介します。

キャリアカウンセリングでの相談では、人間関係の悩みもあります。

仕事をしていく中で、避けて通れない人との接点。

 

「気にしたくなくても、目に入っちゃうんです・・・」

「だから、私が辞めるか異動するか、その人がいなくなってくれるか、のどちらかしか、解決方法がないんです。」

 

先日もこんな風に追い詰められた状況で相談に来られた方がいらっしゃいました。

ご本人は、自分が動くか、相手がいなくなるか、の二択の解決方法を考えていらっしゃったのですが、まずはなぜ、そういう心境になるのか、その人が気になる原因を考えることが解決の糸口になります。

 

どうしてもあの人が我慢できない!解決の糸口は?

ちなみに、生理的なもの、

例えば、匂い、言動、食べ方など、

どうしても受け付けない、といったものとは違います。

 

さて、話を戻します。

人間関係の相談に来られた方には、まず、「将来の展望や自分自身がどういう状況になれたら幸せなのか」を自分軸で考えていただきます。

周囲の人がどうだ、ということは一旦置いておき、自分について考えてもらうのです。

そして、それに対して、現実の「今」はどうかを話してもらいます。

すると、自分のありたい状態が実は描けていなくて、漠然と不安、漠然と周囲を気にしている人や、なりたい自分になれていなくて、寂しかったり、自分に自信が持てなかったり、という人も。

 

周囲を気にしすぎる原因は自分の中に

自分のことにしっかりと目を向けることが辛い時、人は、周りのせいにすることがあります。

そして、周りの人を悪く思うことで、自分から目を逸らすこともできます。

 

自分に向き合えない状況のため、周囲の人を気にするのは、一種の自己防衛なんです。

周囲のことが気になっている時は、そんな状態である自分自身に気がつくチャンスです。

 

リラックスして、自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

自分を大切にしてみてはどうでしょう。

ダメな自分を許してあげることも、ありです。

褒めてあげてもいいかもしれません。

心にゆとりができると、周囲に対する目も変化します。

人間関係で悩まない、人のことを気にしないために、まずは自分を解決してみましょう。