ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

自分のメイク、それでいい!?そのままでいい!? ナチュラルコスメで若返ろう!Vol.2 実践編!!!≪ベースメイク≫

2018.8.28

「オーガニック・ナチュラルコスメのメイクのコツ」2回目は実践編です!と言いますか、これはかなり長くなりそうな予感。ですので今回、まずはベースメイク編から!!おすすめファンデ、コンシーラー、パウダーもご紹介しています♪

オーガニック・ナチュラルコスメのメイクのコツ、前回の第1回目は「そのままではいけない自己流メイクのお話。」でした。

自分のメイク、それでいい!?そのままでいい!? ナチュラルコスメで若返ろう! Vol.1

 年齢を重ねれば若い頃と違ってシミもしわも増えますし、顔色も透明感が無くなっていきます。だけど、一般のシリコーン入りのファンデーションでしっかり塗ってしまうと、肌の質感や透明感は失われて厚塗りの印象になりますよね。

もちろん厚塗りをすればファンデもシワに入っていってしまう。。。

 

前回にも書きましたが、ナチュラルコスメでメイクをしていただくと、普通の化粧品でメイクをするよりも若返ります。なぜなら「ファンデを塗りたくっています」なんて印象がまったくなく、見違えるほどの肌の透明感と美しさが望めるのと、今までの自分がどこかへ行ってしまったような変化がみられるからです!

 

だからこそ、まずはベースメイクに選ぶファンデーションは重要。

まず、あなたのベースメイクは、いつもこんな感じになっていませんか?

という事で、参考に表を作ってみました。

 

下の表は、皆さんが実際に体感しているあるあるのベースメイクの悩みです。原因を一緒にのせているのでぜひ参考にしてみてください!ちなみに季節でも変わる項目がありますので肌の変化を感じながら調節は必要です。

 

ベースメイクあるある!  原因
1時間もすると顔がテカリ、メイクが崩れる
  • スキンケアや日焼け止めで油分を取りすぎている
  • フェイスパウダーの使用量が少ない
  • ファンデの塗りすぎ
  • 油分の多いファンデを使用している
朝しっかり塗っているが、昼には取れている
  • しっかり塗っているつもりだが、そもそも薄くつけていませんか?
  • フェイスパウダーの使用が少ない
  • 顔を触る癖はないですか?
気づけばファンデが毛穴落ちしている
  • カバー力の高いファンデを使っていませんか?
  • パウダーファンデを使っていませんか?
  • シリコーン入りのファンデを使っていませんか?
  • 肌が乾燥していませんか?
ファンデを塗ると顔が黒っぽくくすむ
  • 肌が乾燥していませんか?
  • 肌のくすみがカバーできていないかもしれません
  • ファンデの色があっていないかもしれません。その場合は首の色に合わせましょう
  • フェイスパウダーやパウダーファンデーションを使っている場合は、粉を手に取り、水で濡らしてみてください。色が濃く変化したら、パウダー状のものが原因です
ファンデを塗ると被膜が気になるのと毛穴が詰まってくる
  • シリコーン入りのファンデを使用していませんか?
  • ファンデーションとクレンジングの相性が悪くて落ちていないかもしれません。
  • 肌が乾燥していませんか?
シミがうまく消せない
  • スポンジや指でカバーしていませんか?ピンポイントでカバーできるように、小さめのブラシをつかいましょう
  • コンシーラーの色があっていないかもしれません
ファンデに日焼け止め効果があるものを使用しているがシミが出来るようだ
  • 実はパウダーやパウダーファンデーションにSPF/PAが書いてあっても、それだけでは日焼け止め対策は出来ません。必ずリキッドやクリームタイプを!
  • 乾燥しやすいところや皮脂線が少ないところは普通に塗るだけでは足りません。シミが出来やすいところは重ねて塗りましょう
ファンデを塗ると老けた気がする
  • 肌色よりも暗い色を選択していませんか?
  • パウダーファンデで粉っぽくなっていませんか?しわが目立ち、透明感が無くなります。
  • シリコーン入りのファンデ(BBクリーム含む)を使っていませんか?
ファンデを塗ると肌荒れや乾燥をする
  • メイクブラシで顔をこすりすぎていませんか?
  • シリコーン色のファンデを使うと乾燥しやすくなります
  • 配合成分が合わない可能性があります
  • 乾燥肌なのにパウダーファンデーションを使っていませんか?

 

さて、この表の中に自分の悩みはありましたか?

ファンデの選び方って難しい。

だけど、肌を美しく見せられなければ使う意味もない。

女子はね、

このファンデの悩みが解決するとストレスフリーでメイクが俄然楽しくなるの!!

 

さぁ、美しいベースメイクづくり!始めましょう!!

1. スキンケアです

化粧師はたっぷりと。水分がしっかり入るとメイクが長持ち!!夏は油分のとりすぎはメイクの崩れにつながります。クリームなどは乾燥しやすい部分だけにとどめましょう!

 

2. ファンデ選び

汗をかきやすい人、メイクが崩れやすい人、そしてエイジング年齢層の人は撥水性と紫外線対策がされているリキッドやクリームファンデを選びましょう。崩れにくくて仕上がりがきれい!40歳アップはパウダーファンデでは粉っぽくて老けて見える傾向があります。

中央から時計回りに

 

3. 塗っていきましょう!

まず、全体に自然に塗ります。

そしてその後が肝心!目の下と顔の側面に叩き込んで重ねます。こうすると色ムラの出やすい部分にカバー力が出て顔色が明るくなります。さらに紫外線対策もバッチリね!

 

4. シミやくま対策

コンシーラーでシミやくまをカバーします。でも実は使う量は驚くほど少ない!!細かいところもぬかりなく!一度ちゃんとやってみると、「こんなにきれいになるの~っ!!」って感動します。それを知るとモチベーションが上がり、メイクが楽しくなる!

ブラシにほんの少量を取り、(ここが大切!)載せるようにカバーします。

くまはブラシで載せてから手でなじませて。

中央上から時計回りで

 

5. 仕上げのパウダー選びは大切!

パウダー選びは重要!なるべく透明感のあるものを選ぼう!使うパフはナイロンやアクリルのものがおすすめ。長くへたれず、自然につきます。

粉をパフに着けたらのせるように肌につけていきます。目、鼻、口、こめかみ。フェイスライン。。。特に夏はしっかりと!

向かって右から時計回りに

 

6. 自然な仕上がり!!

オーガニックやナチュラルコスメのファンデは、皮膜感がなく、ストレスフリー。

保湿効果が高いので、夏などはスキンケアの保湿量を調節する必要があるけれど、コツをつかめば驚くほど快適で綺麗な仕上がりに!

 

まだまだ暑さが残る今、メイクをきれいに長持ちさせるテクニックをぜひお試しください!

次回はポイントメイク~~!