ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

自分のメイク、それでいい!?そのままでいい!? ナチュラルコスメで若返ろう!Vol.3 実践編!!!≪ポイントメイク≫

2018.10.11

「オーガニック・ナチュラルコスメのメイクのコツ」3回目はポイントメイク!今回は3つ!アイカラ―、チーク、リップの選び方のコツを書いてみます。ぜひご参考ください。

「オーガニック・ナチュラルコスメのメイクのコツ」3回目はポイントメイク!

皆さん、ポイントメイク、どこまでやっているかしら~。もちろんすべてフルメイクする必要もないんだけど、自分を魅力的に見せてくれそうな重要なところはしっかりと押さえておいた方が良い!

今回は3つ!アイカラ―、チーク、リップの選び方のコツを書いてみます。

 

まずは「アイカラー」。

しかしアイカラーの選び方って難しい。

よく「自分に似合う色は何色ですか?」と聞かれますしね。

だけど、単純にアイカラーを付けるだけで綺麗になると思ったら大間違い。かえって老け顔になる可能性だってあるのです。

 

1. アイカラーの選び方~目元のタイプや状態に合わせて~

アイカラーの人気色はダントツブラウン系ですね。これはどこのメーカーも安定の人気。

特にベージュ系のカラーと二色セットだと使いやすい。

それに今の時代、よっぽど個性的な人でないと思い切った色のアイカラーは使いこなせないでしょうし、目元のカラフルさでメイクを楽しむ時代ではなくなっているのも、ベーシックカラーが重宝される理由です。

それにファッションとの相性も大切。

ラフな日常着に、色っぽい目元は合いませんよね。

 

はてさて、美しく自然にメイクをするにはいったいどんなカラーを選べば良いの?

どんな使い方がベストなの?

今回は、目のタイプや状態に合わせて選んでほしいものとダメなもので分けてみました。

なぜならこんな目元の人が多いから。こうした条件でもアイカラーの色選びは左右されてしまうんですね。

 

【こんな人に選んでほしいカラーOK&NG】 

目元のタイプや状態

OK

NG

奥目がち 明るいベージュやラヴェンダー、白っぽいピンク系で、必ずパール感のあるものを!発光させて目元を明るく見せましょう!目の際にラインでブラウンを使うのはOK ! ブラウンだと怖い印象になってしまうことが多いこのタイプは、同じブラウンでもカーキがかったブラウンや黄色みの強いものは避けましょう。
くすみや色むらが気になる 目元のくすみを補色するオレンジやゴールド系が救世主。パールやラメが配合しているとくすみが全く気にならなくなります。 くすみが気になるからと明るいベージュやホワイト、ライトブルーなどを使うとかえってグレーっぽく不健康なイメージに見せてしまいます。
腫れぼったい くすみの目元と同じく、オレンジやゴールドがお勧めです。また、温かみのある適度な艶のあるブラウンやグレー、カーキなどで引き締めるのも! 白っぽいカラーやハイライトはかえってまぶたを重く見せます。またパール感の強すぎるものももったりした印象を作ってしまうので注意しましょう!
目が小さい 自然に見せたければアースカラーを。黒、グレー、ブラウン、ベージュ、オレンジ、ピンクなどは私たちの身体や肌に存在する自然な色でもあります。それらの色を自然にグラデーションすればわざとらしくなく目を大きく見せます。特に目の下の黒目の真下へほんの少し引き締めカラーを入れるとさらに目が大きく見えます。最後はマスカラで上下に大きく仕上げて!黒目の真上あたりにラメを使うとさらに効果的! 目を小さく見せる白っぽいカラー、例えば、ホワイト、そしてライトブルー、ベージュは危険!

また、アイカラーの付け方も、アーモンド形に塗ると色っぽくなりすぎてしまうこともあるので、かわいらしい目元を好む人は、まぶたに山のような形に入れ、縦に目が大きくなるようにしていきましょう。

 

2. チーク選びは慎重に!毛穴の目立つ人は…

チークはね、年齢肌には必須になってきます。なぜなら、顔全体に影が増えてくることで何となくくすんで見えてしまうから。それにシミなどの色ムラも増えてくる。

だから元気に見せてくれるチークはなくてはならない存在なのです。

まず、私がいつも言っているのは「40歳を過ぎたらピンク系」。

一言でピンクと言ってもここは様々な色がある。

例えば青みのある冴えたピンクや、オレンジがかったサーモンピンク、優しい桜色のような白っぽいピンクなどなど。そのどれもがくすみ感の出ない明るいピンクであればだいたいOK 。

ただし!!!!!これだけは気を付けて!!!

毛穴の気になる人は、パール感があるものはNG!かえって毛穴を目立たせ、肌を汚く見せてしまいます。

キメの整った美しい肌をイメージするならパール入りはなるべく避けてくださいね!

そしてオレンジ系は、肌にくすみが少なく透明感がある人や、健康そうな褐色の肌色の方などなら大丈夫。その代わり、オーガニックやナチュラル系のブランドのオレンジ系チークは、時間が経つとピンクよりも顔色がくすむ傾向があるので明るめのトーンを選ぶことをお勧めします。

 

3. リップは実際に発色を確かめて

最近はしっかり着色のあるものを使ってきちんと感を出している人も増えているリップメイク。色選びで似合う、似合わないを考える前に、実はオーガニックやナチュラルコスメのカラーリップ類は、塗ってみないと発色がわからないという点があるのを知っておきましょう!

一見くすんだ色に見えても、つけてみると意外にも自然でなじむようなものがあったり、色が濃いかな~って思っても、透明感があって使いやすそうな感じだったりと、せっかく素敵な色なのに、優秀カラーを見つけられていないかも。

それに、色を手の甲で試しても手の色と唇の色は同じではなりませんから実際に着けた色とは変わります。だからリップは似合うカラーを探し出すために必ず自分の唇の色との相性を試して選ぶのがベストなのです。

 

一人で選ぶより、友達と一緒に!

メイクアイテムの中で一番気軽に選びやすいのはリップかもしれません。もし、自分に似合うカラーを探しに行くなら、私はぜひ仲の良い友達と一緒に行くのをお勧めします。

私のメイク講座でも、リップはたくさんのカラーを自由に試していただいていますが、その際に、気になるカラーを付けたら、必ず周りの意見を聞いてもらうのです。なぜなら多くの方が無意識に必ず自分の好きなカラーで落ち着こうとしてしまう傾向があり、周りの人から見て、地味に見える、顔色が冴えない、無難に見えるという印象なら、その色はあなたを魅力的に見せてはいないからなのです。

そして選びに行くときは、必ずお気に入りのファッションで出かけてみるのも良いですね。

普段使いと、あか抜けカラーの2つを持っていると重宝しますよ!!