ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

10日間で無理なく-2.5㎏減

2015.4.24

夏に向け、ゆったり無理せず確実にダイエットする方法

来週はGW!

お休みを間近に控え何かと忙しくされていらっしゃいませんか?

GWのご予定を立てるのも楽しみの一つではありますが、思いっきりプールや屋外で楽しむ為にも、重要なのは“夏レジャーに備えた身体作り”ではないでしょうか?

平均体重だったり、別に痩せる必要はないけど、あと2~3kg痩せたい。でも、なかなか結果が出ないという方に必見です。

今回ご紹介する方法は私がモデル時代から行っているダイエット方法です。最近でもTV出演や大切な撮影を行う前から“ゆったり無理せず確実にダイエットする方法”としてずっと導入しているものです。

普段の生活に負担を掛けずに10日間くらいで-2.5㎏~-3㎏は確実に狙えます。

1. シトラスウォーターを朝食前、昼食前、夕食前、お風呂あがりに飲む。

最近話題のデトックスウォーター。

ミランダ・カーや多くの海外セレブが実践していることから火がつきましたが、このデトックスウォーターは昔から海外スパや多くのヘルスセンターなどで置かれているフリードリンクの一種です。

野菜や果物に含まれるビタミンCは水溶性で水に溶けやすく熱に弱いという特性があるので、デトックスウォーターだと水溶性ビタミンを効率よく摂取できます。

作り方

お好きなフルーツやハーブを水に漬けて4~5時間程度漬け込むだけ!

TAMAKOのおススメレシピは

ライム
レモン
タンジェリン
ライムの清涼感に爽やかな酸味のレモン、自然の甘さが感じられるタンジェリンの組み合わせは飽きずに飲み続けられます。食事前に必ずコップ1杯飲むことで空腹感を抑え食欲もコントロールできます。

また、お風呂後にも必ず水分補給としてコップ1杯ほど摂取するのがおススメです。

2. 炭水化物は朝、昼はヨーグルトとフルーツ、夜はタンパク質メインで炭水化物以外のお好きなものを。

極端に食事制限するのは身体に良くないですが、ある程度の食事コントロールは必須。そこで、一番結果がでやすい糖質制限を夜にします。ただし、ある程度の飲酒はOKですので、会食の多い方にもおススメです。

朝はエネルギー源である糖質は必須。脳の働きもよくするので、私は休みの日を除き(休みの日はブランチなどを楽しむので)朝食はお米を茶碗2杯くらいは食べちゃいます。

お昼も炭水化物抜き?と残念がらずに、お昼から胃を調整することによって糖が切れた時の夜の急激な空腹感を回避することが出来ます。

よくある一食置き換えがなんで続かないかというと、糖質の制限の仕方にあります。胃を慣らすことは渇望を抑えることでもあるので、リバウンドを招くリスクを減らせます。

その代りといってもなんですが、昼のヨーグルト&フルーツは制限なく食べてもOKです。

フルーツで避けた方がいいのはバナナです。バナナは完全食と云われていますが、かなり高カロリーなので、バナナを何本も食べることで太ることがあります。できれば柑橘系、リンゴ、ベリー系などをお選び下さい。

また、乳製品アレルギーの方は大豆製品(豆腐や豆乳)などがおススメです。

3. お風呂に一日2回入る

最後に、一番重要なのがお風呂です。

運動しないで、厳しすぎる食事制限もしないで、カロリーをどうやって消費するか… お風呂で汗を出すことで通常100kcalくらいの消費ですが、ここはひと手間加えて“高温反復入浴”がおススメです。

“高温反復入浴”は42~43℃の熱めのお湯に短時間を何回かに分けて入浴します。2~3分浸かり5分休憩を3回くらい繰り返します。最後3回目くらいは5分くらい浸かる効果的です。

(但し、飲酒後、心臓病を患っている方は避けて下さい。)

この方法だと300kcal~400kcalの消費が可能です。

また、半身浴は温浴する時間が15分~20分程度あるので、水圧によるマッサージ効果(特に下半身)と代謝促進でデトックスを兼ねています。お風呂が慣れていない方は一日1回の入浴でも大変だと思われるかもしれませんが、2回のうち一回だけはしっかり浸かり、残りの1回は、カラスの行水でも構いません。

とにかく、厳しい食事制限や運動がしたくないという方は“ダイエット=お風呂”とお考え下さい。

以上の3つを行うだけで確実に体重減少は見込めます。

厳しい食事制限や、ハードな運動をせずに快適にダイエットする方法ですので、目標とする日から逆算すると更なる結果を期待できますよ。

また、この方法は基本的に身体に負担を掛けないので、長く続けることも可能です。