ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

香り歳時記 -3月 桜-

2016.3.8

シリーズでお伝えしている香り歳時記。3月の香りは『桜』。古くから日本人に愛されてきた桜。実はその花や葉の香り・成分に嬉しい効果があることを知っていますか?

 

桜だよりに春の到来を感じる季節になりました。

進級や進学、転勤や転職など、これまでお世話になった方々や共に過ごした仲間との別れがあり、人生の季節の変わり目でもある3月。感謝の気持ちを表す言葉を1年で1番多く言う月かもしれません。「ありがとうの3月」ですね。

そんな私たちを応援するかのような満開の桜。匂いたつようなその姿に、日本人は特別な思いを抱くようです。

桜の語源はいくつかありますが、民俗学では「サ=神」「クラ=座」で神様のいるところとされています。五穀豊穣を願って桜の神に祈りをささげ、お神酒を供え、舞を奉納したそうです。今の花見宴会の起源ですね。でも、夜に桜の樹の下には行ってはいけない!とされていたそうです。魂を捧げてしまうから…。そう思われても不思議ではないくらい、妖艶な姿でもあります。

桜の花の香りと効果

桜にもたくさんの種類があります。自然種には香りの強いものもありますが、一番多く栽培されている染井吉野の香りはほんの僅かです。顔を近づけても香りを感知することは難しいとされています。

桜の香りを楽しむのは桜茶でしょう。お祝い事に使われる桜茶は、お湯に桜の花の塩漬けを浮かべたもの。ほんのりと優しい香りが心を和ませます。八重桜の関山が原料として使われますが、関山は大島桜の一種です。大島桜は香りのある桜として有名です。

八重桜 関山
桜の花の香りにはリラックス効果があり、ストレスを解消し活気を蘇らせてくれます。そのことによりダイエット効果が期待できるといわれています。
また、メラニン生成の抑制、抗炎症、血行促進などにより美白効果も期待されるといわれています。

桜の花の塩漬けは飲むだけではなく、お風呂に浮かべると「サクラバスソルト」になり、疲労回復や肌荒れに効果的ですよ。

桜の葉の香りと効果

桜の香りというと、まず思い浮かべるのが桜餅の葉の香りではないでしょうか。
葉の香り成分も塩漬けにすると出てきます。

桜の葉には、鎮咳作用や去痰作用、整腸作用があるため、古くから民間薬として使用されてきました。
また、育毛剤としての効果も期待されています。

これからが桜の季節。
ご自宅に桜の木がある方は、ぜひ花や葉の塩漬けやチンキ剤を作ってみてはいかがでしょう。