ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

スキルアップの為の語学学習と疑問?

2018.7.27

苦手な方も多い外国語学習ですが、中々上達しないという人は、学習方法を少し変えてみると良いかもしれません。一般的な英語教育の欠点と、外国語習得のヒントをお教えします。

そろそろ8月。

お盆休みは皆さま何をして過ごされますか?

先日、サロンのお客様がスキルアップの為にお盆休みはビジネス英会話の特訓を受けると話されていたのですが、休みに勉強とは素晴らしいな~と感心ばかりする私ですが、私もそんなお客様に触発されて溜まっていた本を片っ端らから漁って読破したいと思います。

眠りについてしまわなければですが…(笑)

 

学校教育だけで外国語を習得するのは難しい!

夏休みをいただく前に、ここ最近はサロンワーク以外に製品開発に時間を割いているのですが、開発する上で大事なのが参考文献や論文。日本語の文献が少ない場合は英語文献に目を通すのですが、いくら日常英会話が出来るとはいえ専門用語だとわからない単語もあり辞書で訳して読むのですが、どうしても分からない単語のみ訳してその他は前後の文脈で推測する方法で乗り切っています。

私は元々、マルチリンガルな環境で育ったので3か国語の読み書きと会話、聞くだけなら5か国語ほど対応できるのですが、そういう環境でない限り第二言語の習得は非常に難しいのだととてもよく理解しています。日本の学校教育だけで英語ができないのと同じで、アメリカ人がアメリカの学校教育でフランス語が身につかないのと同じ。これは、日本に限ったことではないのだと個人的には思います。

これは、私だけではなくマルチリンガルの友人と談義すると、ほぼ同じ見解なのですが、第二言語まで完全に身につけると、3つ目以上は簡単に身につくということ。これは説明するのは非常に難しいのですが、例えば日本人が英語を習得する上で必ず日本語に変換するというやり方では、ずっと英語は身につかないと思うのです。

英語習得を目的とするなら、日本語とは切り離して英語で英語を理解することで、言語ではなく立体で空間認識することで記憶を確かなものにして、その言語が持つ文化的背景を表現できるようになります。まずもって日本で高等教育まで進んだ方であれば簡単な英単語なら知っているので、英会話学習ではあまり訳さないで勉強されることを私はおススメします。

私は英語は英語で記憶しているので、英語では意味が理解できているけど日本語には変換できないことがたまにあります。また、日本語も同じで日本語で考えて英語に訳すのは非常に面倒です。そういう作業は同時通訳とか翻訳家の方が身につけるスキルであり普段の生活では必要としないスキルだと思います。

 

上達スピードを上げたいなら…

それならば、そのまま英語で理解できるような学習をおススメします。

英英辞書で理解する。英文をどういう意味か英文で誰かに聞く。そういう環境を作ることで短い期間で習得は可能です。

そして、英語は様々な国の人が話す言語です。ブリティッシュイングリッシュである必要もないのです。

もちろん、どのような言葉を選び、言い回しを選ぶかでその方のクラスを表すことにはなりますが、考えてみてください。母国語でもないなら通じれば良いのです。完璧に話すことに気を囚われると語学学習は全然進みません。どちらかというと、いい加減くらいが上達スピードはあがります。

 

受験英語の落とし穴

先日、高校生向けアプリ「mikan」の単語で遊んでみたのですが、受験英語はそれでOKかもしれませんが、無理やり日本語に訳している単語が結構な数で見当たりました。4択の日本語訳に納得できる答えがなく、選びづらい、日本語に訳すのも面倒だとやってみて気づきました。アプリ自体はよくできていて受験生におススメですが、これでは、受験に受かっても英会話は出来るようにならないなと思いました。

大人の英会話習得は、もっととにかく英語で英語に触れることをおススメします。

海外旅行を計画されている方はぜひ、日本語から英語に訳さないで適当に自分なりの英語脳でトライしてみてください!

 

関連キーワード

関連するキーワードキーワードから記事を探す