ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

忘年会シーズン到来!体調不良を撃退するグルテンフリー&レクチンフリーライフスタイル

2019.12.13

忘年会やイベントが多い12月は何かと胃腸の調子が崩れがちに。そんな時はグルテンフリーなど、〇〇フリーの食生活が体調回復のカギになるかもしれません。ダイエットを意識している人にもおすすめです。

12月に入り2019年もいよいよ終わりに近づいてきました。

忘年会やクリスマス会など様々なイベントにお出かけされる方が多いこの12月は何かと胃腸の調子が崩れがちです。普段、あまりお酒を飲まない方や外食が少ない方にとっては、外食続きになると身体の不調から免疫力が下がり風邪やインフルエンザにかかりやすくもなりますよね。

私はそんな12月は特に注意しながら食生活を整えるイメージで過ごしているのですが、自宅ではグルテンフリーやレクチンフリー素材をもとに、出来る限り新鮮なオーガニック食材を揃えて自宅クッキングスタイルで過ごしています。

グルテンフリーはダイエットを意識されて取り入れている方も多いですが、私の場合はちょっと違った理由からです。

 

グルテンフリー、レクチンフリーとは…

レクチンとは植物タンパク質の中でも大きなタンパク質の総称。グルテンもレクチンの一つ。

分子整合栄養医学では体調不良を除くためにグルテンフリーやレクチンフリーのみならずカゼインフリーを推奨している場合があります。

例えばセリアック病やリーキガット症候群といったグルテンやレクチンに対する疾患をお持ちの方は当たり前のようにグルテンフリー食材やレクチンフリー食材で生活されていると思うのですが、私の場合は「ややグルテン不耐性」気味なので、パンやパスタ、うどんなどを食べた後にちょっとした症状が出やすく、自宅ではなるべくアレルギーフリー食材で過ごしています。

パン、パスタ、うどんなどグルテンを多く含んだ食事や豆腐や納豆、豆類などレクチンを含んだ食事を食べた後の私の症状は以下。

  1. 眠気に襲われる
  2. 生あくびが出る
  3. 下腹部が膨れる
  4. 便秘になる
  5. 身体が重く朝の目覚めが悪くなる、または寝つきが悪く蕁麻疹が出る

毎回ではなくとも大体上記の症状が出やすいことからグルテンだけではなくレクチンやカゼイン(牛乳やチーズに含まれるリンタンパク質の一種)フリーを心がけています。

※もちろん、グルテンやレクチン、カゼインが悪者だということではありません。耐性がある方からしたら様々な栄養素を補えますし、大豆などは良質な植物性のタンパク質なので、ご安心くださいね。

 

自宅にストックしているアレルギーフリー食材

そこで、自宅のキッチンに必ずストックしておくものとして、

左からオーガニックココナッツパウダー、オーガニックのバスマティライス(白米)、無添加のカツオ粉だし、同じくバスマティライス

ココナッツパウダーはレクチンフリーマヨネーズを作る際に役立ちますし、ちょっと甘い飲み物が飲みたい場合はお湯で溶かして羅漢果(らかんか)やアップルシロップなどを加えてホットココナッツドリンクに。

バスマティライスはレクチン含有量が一番低いと言われているお米なので、体調不良や胃が重い時はジャポニカ米を避けてインディカ米のバスマティライスで調理します。本当はジャポニカ米も大好きなので、自宅にはコシヒカリも常備していますが(笑)

ちなみに、バスマティライスは「香りの女王」というヒンディー語に由来するらしく確かに香り高いお米です。コシヒカリなどに比べてバスマティライスは値が張りますが、毎日ではなく時々使いビリヤニ(インドの炊き込みご飯?ピラフ?的なご飯)などを作ります。

 

アレルギーフリー食はダイエットにも効果があることも

私はダイエット目的というより、アレルギー症状が出やすい時にバスマティライスを日本米の代替品として調理するのですが、バスマティライスに全て置き替えた方のウエストが10㎝も細くなったということを聞きました。日本米もバスマティライスも糖質の含有量的にはそこまで変わらないのですが、レクチン含有量の違いか、身体に吸収されるスピードの違いなのか…。

やはり食材は奥が深いなと改めて思いました。確かに、アレルギーフリー食に切り替えると体重がストンと落ちやすくなるので、何かの意味があるのかは確かですね。

ぜひ、皆様もご自身のお身体に耳を傾けて、何が自分を回復してくれる食材か探ってみるのも新たな発見になるかもしれません。

師走の慌ただしい日々は、オリジナル健康食で免疫力を高めて風邪やインフルエンザに負けないお身体作りに取り組んでみてください!