ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

ビタミン補給のおすすめ☆猛暑からの眼精疲労とダルさ解消

2019.8.9

猛暑の中、身体をシャキッとスッキリ快適な状態に保ちたい時には普段以上のビタミン補給がおすすめです!今日は、この時期私が積極的に摂取しているビタミンたっぷりのおすすめ美容&健康食材をご紹介します。ビタミンのほかにもポリフェノール、ベタインなどが含まれているので眼精疲労や夏太り予防にもおすすめですよ♪

リンゴ

8月に入り今季最高気温をキープしたかのような猛烈な暑さが続きますが、熱中症にならないように毎日気をつけなければなりませんね。

熱中症対策として盛んにミネラル補給と水分補給、涼しい環境作りをニュースなどでは取り上げていますが、熱中症対策ができても暑さの影響で眼精疲労や怠さが感じられ、疲労感で毎日つらいというお声をよく聞きます。

そこで、熱中症対策は当たり前ということで、身体がシャキッとスッキリ快適な状態をキープするための対策として普段以上のビタミン補給をおすすめしたいと思います。

ビタミン補給は日頃から行いたいですが、猛暑の時期はいつも以上に積極的に補うことが大事です。

ビタミン補給はフルーツからという方も多いですが実はあまりおすすめできません。

夏のフルーツは身体を冷やすものの果糖も多いので、糖代謝にエネルギーを持っていかれかえって疲れやすくなるのです。

今回は、この時期私が積極的に摂取しているビタミンたっぷりおすすめ美容&健康食材をご紹介したいと思います。

ビタミンたっぷりおすすめ食材その1:ビーツ

ビーツ

ビーツは食べる輸血といわれるほど栄養価が高くビタミンが豊富なおすすめ食材です。

ロシア料理のボルシチなどにも使われますが、日本では真空状態のパックなどがスーパーで売られているので、そのまま切ってサラダにしても美味しいです。

また、ビーツはビタミンだけでなくポリフェノールが多く含まれているため、眼精疲労の緩和にも優れた効果があります。

さらに、抗酸化作用から日焼けなどのお疲れ肌を労わる美容面でもおすすめの食材です。

血流アップも狙えるので冷房で冷え切った身体の循環促進にも役立ちます。

ビタミンたっぷりおすすめ食材その2:クコの実

スーパーフードの呼び名もあるクコの実。

この時期は冷えた杏仁豆腐などの上によく見かけますが、ビタミンCとポリフェノールが豊富でこちらも美容面で積極的に摂取することをおすすめしたい食材です。

ビタミンC、ポリフェノールのほかにもベタインという栄養素が含まれていて、ベタインは脂肪の蓄積を予防し、脂肪の排出を促す効果が期待できます。

夏太りが気になる方にもピッタリな食材ですが、一度に多量を摂取するとお腹を下すことがあるので、一日に10粒程度を目安に摂取するのがおすすめです。

スーパーの中華食材コーナーなどで気軽に手に入るのも嬉しいですよね。


上記の2つは大手スーパーなどであれば手に入る食材ですので、猛暑疲れと美容面のサポートが気になる方におすすめです。

調理の時間もかからないので、毎日のビタミン補給にお役立てください!

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー