ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

「キレイ」と「安心」を発信!SNS・動画での情報発信スキルに注目が集まっています

2020.8.4

SNSの知識や動画投稿の技術を持った求職者に注目が集まっています。仕事やプライベートで培ったSNSや動画による情報発信のスキルを転職活動の場でもアピールしていきましょう!

新型コロナウイルスの影響により、改めて情報発信の重要性が浮き彫りになってきた現在。特に注目されているのがSNSや動画を使った情報発信スキルです。

ノウハウ紹介やサロンの新型コロナウイルス対策紹介動画などをSNS(Twitter、Facebook、Instagramなど)や動画共有サイト(YouTubeなど)で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、美容・健康業界で働く際に、必須のスキルに加えて身につけたいスキルの一つとして、SNSや動画で情報発信を行うスキルについて見ていきたいと思います。

転職を目指す方はこれらのスキルを身につけることで転職活動を有利に進めることができるかもしれません。

 

SNSや動画配信に関するスキルが狙い目なワケ

ほかの業界と同様、新型コロナウイルスの影響により客離れや売り上げの落ち込みなどが起こった美容・健康業界においても、正しい情報発信を行うことの重要性が改めて認識されてきています。

なかでもSNSや動画による情報発信は、そのサービスが幅広い世代に普及しだしたことによりかなりの重要度を示しており、集客ツールとして多くの企業が積極的に取り入れるようになっています。

しかし、まだまだ利用を始めたばかりという企業も多く、SNSや動画編集に強い人材がいないということもあり、そのような人材を求めることが増えてきているのです。

さらに言うと、これらのスキルに関しては、まだ比較的新しいスキルであるためにハードルが低めであるということも言えます。

そこで、それらのスキルを身につけ上手にアピールすることができれば、転職への後押しを手に入れることができるのではないでしょうか?

まさに今狙い目のスキルだと言えるでしょう。

 

どれぐらいのスキルが必要?“そこそこ”のスキルでも大丈夫なことも

広報やマーケティング部門のスタッフとしての採用を目指すのではない場合、SNSや動画投稿に関する難しい、専門的な知識や技術は必要ないと考えている企業が多いと思います。

というのも、特にSNSにおいては、ほとんどのサービスが誰でも気軽に投稿や利用ができることを前提に作られているため、そもそも難しい技術などが必要ないともいえるからです。

動画に関しても同じで、現在スマートフォン一台とスタンドがあれば誰でも簡単に動画を撮影し投稿できる時代です。一見敷居が高そうに見える動画編集も、無料アプリやサービスに付帯している機能を使えば簡単にそれなりの見栄えのものができます。

ですから技術的な面でいえば、基本的なコンテンツ(文章や写真、動画など)の作成ができ、投稿するサイトやサービスを理解し正しく投稿できるといった初歩的な事項が抑えられているのであれば、SNSや動画を投稿するスキルがあると言うことができるのです。

実際そのぐらいのスキルで十分と考えている企業もあります。

ただ、集客や情報発信ツールとして仕事で使う場合にはそれよりももう少しだけ上手な使い方ができている方が望ましい、もしくはアピールとして強くなる場合が多いのでそちらも見ていきましょう。

 

仕事で使うためには?リテラシーと企画力が鍵

SNSや動画を仕事として使う場合、してはいけないことや、結果(集客、宣伝効果、フォロー数の増加など)につながる使用法などを考えなくてはなりません。

まず気をつけなくてはならないことは、著作権(音楽や画像など)や情報の漏えい(個人情報や機密情報)などに関する知識をしっかりと身につけることです。

もしこれらのことに違反した場合、サービス運営者により投稿を削除されることはもちろんですが、同時に企業イメージを大きく損なう可能性があります。

また、人を不快にするような投稿などで炎上する可能性も考慮しなくてはなりません。

仕事としてSNSや動画投稿を行う場合、しっかりとリテラシーを身につける必要があるのです。

仕事で使えるSNSマナー

そして、集客につながるための運用を行うためには、何を投稿するかも重要です。魅力的な投稿を行うには以下のスキルも必要になってきます。

  • それぞれのサービスの特性を理解している
  • 人気のコンテンツ(人や企画)に精通している
  • 注目されるためのブランディングや企画ができる
  • 頻繁に投稿する

 

身につける方法は?

これらのことは一朝一夕で身につくスキルではありませんが、やはり一番の近道は、企業のSNSや動画による情報発信及び集客業務に携わることだと思います。

もし現在所属している会社でSNSや動画を使った集客や情報発信を行っているようでしたら、勇気をもってその仕事をしたいと言ってみることをおすすめします。

本部などがまとめて広報を行っているような大企業でなければ、手を挙げた人に任せるということも多いと思います。ぜひ、挑戦してみましょう。

また、仕事では携われないという人は、まずは様々なSNSや動画投稿サイトを利用することから始めましょう。

操作性を知ることからはじめ、どんなコンテンツや人が注目を集めているかを調査したり、実際に投稿し、自分の投稿に対しどのようなリアクションがあるかを分析したりしていくうちに、SNSや動画での情報発信について理解を深めることができると思います。

他にも、転職を希望する業種で行われているSNS上のキャンペーンや企画などをしっかりとチェックしておくことも重要です。面接などで話題に出せますし、よく研究していると良い印象を与えることができるかもしれませんね。

SNSマーケティングやリテラシーについては、少し専門的になりますが、書籍やWEBサイト、YouTube動画などでわかりやすく解説されていますのでぜひ、チェックしてみてください。

 

しっかりアピールを!!

せっかく身につけた需要の高いスキルですから、転職活動の場においてもしっかりとアピールしていきましょう。

すでに業務として行っている場合は業務経験として伝えることで注目度の高いアピールになると思います。その時に、自分の携わった投稿やストーリー、SNS上で行われたキャンペーンなど、具体的に示せるものがある場合は、それを見せることでさらに説得力が増します。

また、仕事では使っていないという場合も、独学で学んでいることやプライベートで利用していて抵抗感なく使用できることなどを付け加えると良いでしょう。

スキルを磨くために、美容や健康に関連する個人アカウントを作って運用し、それを見せても良いかもしれません。とくに動画投稿などはインパクト大間違いなしです。

 

将来は必須スキルになるかも!?転職先でもブラッシュアップを続けましょう

SNSや動画を使った集客・情報発信スキルはこの先も需要が高いスキルであると予想されます。そのため、新しい職場でその仕事に携わることができれば更なるスキルアップが望めるでしょう。

ぜひ、需要の高いスキルを身につけ、自分自身の転職市場価値を高めてくださいね。