ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

夏の「寒さ」に負けない!セルフケアをしよう

2017.8.17

冷房や冷たい食べ物で夏でも女性の身体は冷えています!身体を温めるセルフケアを行いましょう!今回は、夏の冷えにおすすめの身体の温め方についてご紹介したいと思います。温泉気分を味わえるバスソルトの選び方や、おすすめのトリートメントメニュー。また、たった5分で温まる超簡単セルフケアまで。一緒に夏の冷えを解消していきましょう!

戻り梅雨のような天気と言われ、この数日間は冷え込む日が多かったですね。

また夏が戻ってくると言われてはいますが、寒さで体調を崩してしまった方も多いのではないでしょうか。

夏でも冷えに悩まされることが多い女性にとって、おすすめの身体の温め方をご紹介します。

温泉気分でセルフケア!自分好みのバスソルトを見つけよう

夏でもシャワーで済ませてしまわずにお風呂にしっかりと浸かった方が疲れも取れ身体も温まります。

市販の入浴剤も良いですが、料理の調味料を選ぶように、入浴の際のバスソルトも自分好みのものを選んでみませんか?

大きく分類すると天然塩と、厳密には塩ではないのですが「ソルト」と名の付くものがあります。

①天然塩

●死海の塩(デッドシーソルト)

皮膚治療で古くから知られており、クレオパトラも愛したと言われるほど。海水に含まれるミネラル分は、通常の海水の何十倍にもなるとされています。pH5.0~6.0の弱酸性で分子も小さいのが特徴です。

●ヒマラヤ岩塩

<ピンクソルト>
きれいなピンク色をしたヒマラヤ岩塩はにおいもほとんどなく、精油と混ぜてオリジナルのバスソルトを作るのにもおすすめです。

ピンク色がかわいく、プレゼントにも良いですね。

色が付いているのは天然の色で鉄分が含まれているためにピンク色をしているとも言われています。

販売されている形状は、粗粒のものもあればパウダー状のものもあり、好みのものを選ぶと良いと思います。

<ブラックソルト>
こちらも天然の色です。少し黒~赤黒いものなどあります。

ピンクソルトもブラックソルトもイオウを含みますが結晶の構造が違います。ミネラル含有量の違いとも言われています。

ブラックソルトは硫黄のような香りが特徴的で、本格的な温泉気分を味わいたい場合はこちらを使うと良いと思います。

②エプソムソルト

ソルトと名が付きますが塩ではありません。硫酸マグネシウムで、英国のエプソムという場所で発見され見た目が塩に似ていたためにこの名が付いたと言われています。

硫酸マグネシウムそのものは海水にも含まれているミネラルの一種です。

温浴効果が高く、疲労回復や汗もしっかりかけるのでデトックス効果を期待する場合はおすすめです。

エプソムソルトを入れたお風呂に15~20分程入っていると、入浴後もポカポカ感が続くのがよくわかります。湯冷めもほとんどなく翌朝スッキリ起きることができ、私個人的にもエプソムソルトはイチオシです。

匂いがないので、精油を混ぜてオリジナルのバスソルトを作ると良いですよ。

夏でもホットストーンの施術を受けて身体の中までポッカポカに

多くのリラクゼーションサロンで、夏でもホットストーントリートメントの施術が受けられる場所があります。

身体が冷えている人は冷たい飲み物を飲み過ぎて身体の外だけでなく中も冷えていることが多い。

そんな時にホットストーントリートメントを受けると、じんわりと温かさが身体の中に沁み渡るように感じられます。

温かいストーンを乗せられて初めて「こんなに自分の身体は冷えていたんだ」と気がつくことも多いはず。

とくに冷えやすいお腹や首肩周辺をじっくりとオイルやホットストーンで温めながらほぐしてもらえば、施術者の手だけで疲れを取ってもらうよりも温まることで血管が広がり筋肉の緊張も緩んできます。

そして何より冷えている身体に温かいものが触れるとホッとします。

超簡単セルフケア!足浴や手浴をたった5分行うだけでもポカポカして眠たくなります

手浴や足浴もおすすめです。

「たった5分でそんなに変わる?」と思うかもしれませんが、ぜひやってみてください。

洗面器にお湯を張り、出来ればお好みの精油を1~3滴垂らしてよく混ぜ手や足を入れてみてください。

思いのほか手や足も冷えていたのだと気がつきますし、次第にボーっとしてきます。お昼寝タイムが取れるのなら、そのあと数十分寝ると疲労回復もできますね。

もちろん手浴・足浴などの部分浴だけでも本当に気持ちが良いです。

日中の手浴・足浴におすすめの精油

  • スイートオレンジ
  • ゼラニウム
  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • フランキンセンス
  • ティートリー

など。

夜の手浴・足浴におすすめの精油

  • スイートマジョラム
  • ローズウッド
  • クラリセージ
  • イランイラン
  • ベルガモット
  • ネロリ

など。

夏風邪が尾を引いていて全身浴をする体力や気力が無い場合でも、手浴や足浴であれば身体への負担も少なくて済みます。

また、日中にたった5分でできるのも利点の一つ。

オフィスで身体の冷えが気になる時、建物内に長時間居て冷え切ってしまった時など、帰宅してすぐに行うと手や足を温めただけなのに身体全体も温まってきて疲れも吹っ飛びます。

最初にご紹介したバスソルトを入れてみるのも良いですね。

手浴・足浴であればティースプーン1杯ほど入れて混ぜるなどしても良いと思います。

いかがでしたでしょうか。

季節はまだ夏だというのに突然来た寒さ。猛暑日と言われた日から一転の急な寒さで冷えが気になっている方も多いと思います。

ぜひ身体をしっかりと温めて体調を崩さないようにしてくださいね。

この記事を書いたコンシェルジュ

新垣 静香/アロマセラピスト 新垣 静香/アロマセラピスト