ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

夏のダメージ肌におすすめしたいクレンジング

2014.10.1

クレンジングの見直しでエイジレスなふわふわ素肌を取り戻しましょう!おすすめクレンジングアイテム3選!夏の肌ダメージが出てくるのはやっぱり秋。強い夏の紫外線を浴びた肌はしっかり保湿して、まずはバリア機能を立て直すことからスタートしてください。今日は私が愛用する保湿も叶う優秀クレンジングアイテムをおすすめしたいと思います。

ウェルネス&ビューティージャーナリスト/ビューティーフィトテラピストの久保直子と申します。これからコラムを書かせていただくにあたり、自己紹介させていただきたいと思います。

美容ライターとして13年、雑誌や新聞、ウェブ等で活動してきましたが、自分の身体の不調をずっと抱えてきました。

結婚、妊娠、出産を経て、メンタルも身体も大きく変化し、そこで疑問に思ったことを、今ウェルネス&ビューティージャーナリストとしていろんな観点から女性をサポートできる情報として独自発信しています。

その中で一番重視しているのが「メンタルビューティー」です。

ホルモンバランスが大きく崩れるのは人生で主に3回と言われています。まず思春期、そして妊娠出産期、そして更年期です。

私が特に大きく自分自身を揺さぶられたのは、産後、育児と仕事のワークライフバランスがとれなくなってきたときに起きました。

「何もかもが中途半端な私」。

仕事も育児もきちんとできず、自分自身のケアもままならず。時間もとれず、何もかもが色あせて見えた時でした。

フラワーエッセンスとの出会い

そんな時に私を救ってくれたのがフラワーエッセンスです。

それまで、子供を産んだことからオーガニックコスメ等はいろいろ使っていましたが、改めてそこで植物の力、自然の力のすごさを実感したのです。

「駄目な私」は駄目で良いのでした。

それをどうやって受け入れるか、どうやって内側に閉じこもっている自分を解放してあげられるか。

少しずつフラワーエッセンスを飲むことで、自分が変わって行くのを実感し、DTWフラワーエッセンスプラクティショナーの資格を取得。メンタルカウンセリングをスタートさせました。

私は「ママカフェ」というママ会を主宰させていただいていますが、ワークライフバランスはどの方にとっても悩みの種。

個人差はありますし、環境も違うし、仕事も、考え方も、夫婦の関係もあとは個人のキャパも全然違います。

ただ、それぞれに悩んでいるのです。

女性のホルモンバランスの変化、ワークライフバランスのつきあい方などに深く関わるようになってから、3.11が起こりました。

そこで、自然の力、植物の力を学びたいと強く思い、パリ13大学を母体とするAMPP(フランス植物療法普及医学協会)認定メディカルフィトテラピストの資格を一年かけて取得。ウェルネス&ビューティージャーナリストとして再出発しました。

その時から、執筆や監修、コメンテーターだけではなく、講演やセミナー、カウンセリング、プロデュース、アドバイザー…とさまざまな仕事をお引き受けさせていただくようになりました。

ビューティーコンシェルでは、メンタルビューティーをテーマに、ココロ、カラダ、肌をどうやってケアして行くかを一緒に考え、女性のHappyな人生に関われるような有益な情報をお届けして行きたいと思っています。

夏のダメージは秋に

さて、今回のテーマは「夏のダメージ後のケア」です。

例年、秋をすっ飛ばして夏から冬へと移行している年が多かった中、今年はきちんと「秋」がやってきていますね。

季節としてはとても過ごしやすく気持ちのいい気候ですが、肌や身体にとってはトラブルになりやすいのがこの秋です。

強い夏の紫外線を浴びまくり、暑さで食欲不振に陥り、身体の免疫力も落ちている。

この時のダメージは秋に出始めます。

ご存知かと思いますが、紫外線は肌の老化の原因となります。

毎日の日焼け止めはもちろん、鎮静、保湿が重要。バリア機能が崩れた時の立て直しはすごく大事です。

今はアクティブなケアというよりも、保湿に重点を置いて、まずは崩れたバリア機能を立て直しましょう。

保湿をするならまずはクレンジングの見直しが重要

保湿の話ですが、まず対策としてはクレンジングの見直しをすることが大事です。

私の長年の取材の中で、気になったのが「クレンジング」。

クレンジングの大切さに着いては、みなさんご存知のことと思いますが、肌が疲れてたり、落ち込んでいる時こそ、丁寧なクレンジングが大切です。

それも、クリームかミルクタイプで優しく、肌を守りながら洗ってほしいのです。

おすすめのクレンジングミルク・クリーム3選

冒頭に掲載した画像が私も愛用しているクレンジングアイテムです。

写真、右から

・カバーマーク トリートメントクレンジングミルク


・ジュリーク リプレニッシングモイスト クレンジングローション

コスメデコルテ セルジェニー クレンジング クリーム 125g

使い分けとしては、肌が乾燥しすぎていて疲労している時はコスメデコルテのクレンジングクリーム、ナチュラルなメイクの時はジュリークのクレンジングローション、日常的にはカバーマークのクレンジングミルク、という感じです。

この3つ、どれも肌の必要な潤いは守りながら洗い上げてくれて、クレンジング後は洗った後とは思えないほどしっとりするのでおすすめです。

クレンジングを変えただけで、肌荒れが治る場合もあります。取り去るからこそ、良いものを。

優しいのはやはりクリーム、ミルク。

コスメデコルテのクレンジングはどちらかというと少し重め。でもそれだけの効果があり、今のダメージ時期には最適だと思います。冬の乾燥時期にもおすすめ。

とにかくごしごし洗わないことがクレンジングのポイントです。

まず、ここから見直しをしてみてください。

自分の肌が柔らかく、ふわふわしてくると、なぜか心も柔らかくなるから不思議ですね。

肌が荒れるって、すごくメンタルに影響しますから、丁寧に毎日クレンジングしてみてくださいね。

この記事を書いたコンシェルジュ

久保直子/ビューティジャーナリスト 久保直子/ビューティジャーナリスト