ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

秋冬にしっかりエイジング対策大作戦 〜 目元・額編

2014.10.7

「老けた」なんて言わせない!プロが教える目元・額のケア方法。次第に気温が下がりお肌の乾燥、小じわなどが現れ始める頃ですね。年齢が出やすい目元と額はこの時期からしっかりとケアしていきましょう。目元のハリ、ツヤ感をキープし、額の横シワ、眉間の縦シワを撃退するケア方法をご紹介します。

9月も下旬に差し掛かりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

次第に気温が下がりお肌の乾燥、小じわなどが現れ始める頃ですね。

前回はほうれい線についてお伝えしましたが、今回はお顔の上半分である目元と額についてのエイジング対策についてお伝えいたします。

目は口ほどに物を言うと言われますが、目元のハリ、ツヤ感をキープしているだけで人に与える印象は大きく変わってきます。

また、額の横シワ、眉間の縦シワは老けた印象を与えてしまうので、エイジングケア化粧品を使う際に、一緒に行って欲しいケア方法をご紹介します!

 

視力に合わせたコンタクト、メガネを

眼鏡女子

一見、目元の美容と視力は関係ない様に感じますが、普段の癖こそシワを作る原因!

視界が開けていないと、目を寄せたり、眉間にシワが寄った状態で文字を見たり、目元&額のシワを深く刻むことにつながります。

寝ている時に眉間にシワを寄せる癖がある方も要注意です。

無理に合わないメガネやコンタクトは避け、視界の開けた状態で過ごしましょう!

 

目元のポイントメイク落としは優しく擦らずが重要

目元ケア

目元美容を語る上で外せないのが、目元のポイントメイクを毎日優しく落としているか否かです!

雑に扱ったり、ゴシゴシ擦った後に高級アイクリームを使っても何の意味もありません。

大切なのはクレンジングが正しく優しく出来ているかです。

コットンや綿棒を使って優しく落とす方法が一番おすすめです。

摩擦を極力避けるためにもクレンジングの量を多めに使ってみてください!

 

ヘアブラッシングは毎日することが大事

目元や額に直接触れたお手入れではありませんが、毎日ブラッシングすることが目元&額の美容を助けます!

人間の皮膚は一枚で繋がっているので、頭皮を刺激することで顔回り全体の皮膚を伸ばしてあげることになるからです。

正しいドライブラッシングは立派なフェイシャルケアです。

髪のツヤを作りながらフェイシャルケアが同時に出来るので、朝晩1~2分程度ブラッシングしてあげると、特に目元&額のケアに効果的です。

目元はお顔のパーツの中でも皮膚の薄い場所で、血行不良による目元のクマ、むくみなども顕著に現れ、ちょっとした差が印象年齢をグンと上げてしまいます。

無理のない方法で目元・額のアンチエイジングケアをしてみてくださいね。


 

おすすめのヘアブラシ

 

頭皮を傷つけずに頭皮マッサージ効果も期待するのであれば、クッションブラシやパドルブラシがおススメ。

クッションブラシはその名をとおり、ブラシの根本部分にクッション性があるので頭皮や髪に負担をかけずに頭皮マッサージが可能ですし、よりソフトなタッチが良ければ、ブラシの面が広く、空気穴が開いているパドルブラシがおススメです。

 

★編集部おすすめのヘアブラシや使ってみたいヘアブラシを紹介

 

BOTANIST ボタニスト パドルブラシ

ちょっと大き目で使いづらいという声もありますが、木製で先端も丸く使いやすいボタニストのパドルブラシ。

Amazon

炭化竹で作られた頭皮にも自然にもやさしい頭皮ケアブラシ。
お値段的にも手ごろなのがうれしい。

Amazon

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー