ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

今こそ知りたい! ハリ、ツヤ、抜毛を防ぐ秋の美髪ケア

2014.10.24

髪の毛のダメージやボリュームダウンは想像以上に見た目年齢に影響を与えます。乾燥が激しいこの時期は、特にヘアケアに力を入れていきましょう!今回は、世界的セレブを顧客に持つヘアスタイリスト清水聡人さんにおすすめのヘアケア方法をうかがってきました。エイジングヘアが気になりだした方におすすめです!

気温がぐっと下がってきた今日この頃、お顔だけじゃなく髪の乾燥が気になる季節がやってきました。

そこで今回は、髪、頭皮のプロフェッショナルであるヘアスタイリストの方に自宅でできるヘアケア方法をうかがってみました。

お話をうかがったのは世界的セレブを顧客に持つヘアスタイリストで、ヘアスタイリスト歴17年の清水聡人さん。

髪のダメージやボリュームダウンが気になる方におすすめです!

1 シャンプー前は必ずブラッシング

髪の毛は摩擦に弱いため、ヘアケアを考えるとシャンプーの際にごしごしこすって汚れを落とすのはNG。

シャンプー前にブラッシングをすることで8割の汚れは取れるそうですから、シャンプー前にブラッシングしてある程度汚れを落としておくことがおすすめとのこと。

頭皮を傷つけない先が丸くなった柔らかめのブラシで下から上へとブラッシングしていきましょう。

普段から抜け毛、頭皮が気になる方には特におすすめの方法です。

2 おすすめのシャンプー方法

まず、シャンプーは朝と晩どちらが必要かという質問にお答えいただいたのですが、ヘアケア・頭皮ケアにあたり夜のシャンプーがマストということ。

夜は汚れがついた状態、そして毛穴に油が詰まった状態です。長時間放置してしまうと抜け毛につながります。

そして特に男性は、夜だけではなく朝もシャンプーをした方が頭皮状態を健やかに保てるようです。

また、シャンプーをする際は、シャンプーの泡を残した状態でコームでとかすことがおすすめとのこと。コームでとかすことでキューティクルが整えられるようです。

普段使っているシャンプーもサロン帰りのような手触りになるということで、ここで必ず一工夫入れてあげたいものですね。

トリートメントも同様にコームでとかすとヘアケア効果が出るようです。

そしてシャンプーで重要なことは、シャンプーする時間よりお湯で流す時間を長くすることです。

しっかりすすぎをするということはお肌も同じ、清水さんもシャンプーするときに流すことが一番大切とおっしゃっていました。

また濡れた髪をそのまま放置するのはとっても悪いので、丁寧にタオルドライ、ドライヤーで素早く乾かしてあげてください。

3 外出先で簡単・効果的なヘアケア方法

外出時にお化粧直しをするように、少しずつヘアケアしてあげることがおすすめとのこと。

こまめなヘアケアは乾燥を防ぎ手触りを良くします。

この季節は空気が乾燥し、そしてエアコンなどの影響で髪がパサつくことがあるので、オイルがおすすめ。

ヘア用のオイルを少量つけてあげることでしっかりと保湿をしてあげてください。

ヘアケアは毎日コツコツが大切!エイジングを予防しましょう

今回、清水さんにお話をうかがってスキンケアとヘアケアの共通点がいくつも見えてきました。

美髪ケア、美肌ケアとも将来への投資、そして貯金ということ。

20代後半からお肌、髪の毛も衰えてくるものです。毎日コツコツとケアすることでエイジングを予防します。

ツヤ、ハリ、コシは毎日の努力で得られるもの。すでに髪の毛でお悩みのある方も、毎日コツコツとヘアケアを続けることで将来は全然変わってきます。

女性だけではなく男性にもおすすめのヘアケア方法ですので、ぜひご自宅で実践してみてください!


ヘアスタイリスト清水聡人さんが在籍するサロン 【 uka広尾店 】

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー