ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

メンタルケアの方法とは | 2021年は心身の心地よさを心がけて

2021.1.7

日頃から瞑想や内省する時間を確保することに慣れた方なら日常の一環としてセルフコントロールでメンタルケアを行うことが上手く出来るかと思いますが、今までレジャーやアウトドアをメインで余暇を楽しんでこられた方や、メンタルケアはしたことがないという方に向けて、私のおすすめ「セルフケア術」をご紹介します。難易度の高い瞑想をはじめから行うよりずっと簡単なセルフコントロール術です。是非、この時期の心身のコントロールにお試しください。

木漏れ日のさす道

明けましておめでとうございます。2021年幕開けしました!
2021年はどのような年にしたいでしょうか?

2020年はパンデミックの中、世界中で大混乱が起こりました。2021年の現在も引き続き状況は変わっていませんが、新年を迎えたことで心新たに希望を持ち、今年後半は状況がよくなっている事を切に願います。

メンタルケアで心身のバランスをコントロールする

石を積み上げてメンタルケア

1月に入り2度目の緊急事態宣言が発令されようとしていますが、益々、自宅時間が長くなり心身に与える状況は良いとは言えません。

セルフコントロールとウェルビーイングがこれほど大事だとういう局面に直面することもなかったという声が方々で聞こえてきますが、精神衛生が健康そのもに与える影響を考えると今はとにかく心身のバランスを上手くコントロールすることが第一です。

例えば、日頃から瞑想や内省する時間を確保することに慣れた方なら日常の一環としてセ ルフコントロール術を上手く扱えますが、今までレジャーやアウトドアをメインで余暇を楽しんでこられた方にとってはちょっと辛いものもありますよね。

単にインドア派ということでも、読書や映画鑑賞が趣味ということでもなく、『心身の統合』という瞑想、内省、反芻といった概念を具体的に自身に取り組んだことがなければ、少々難しいとも言えるセルフコントール術。

つまり、人は恐怖に直面した際に怒りの感情も覚えやすく、同時にアンガーコントロール も必要になってきます。

メンタルケアにおけるセルフコントロール術の

私は長いエステティシャン生活の中で、一番と言って良いほど培った技術はオールハンドの手技やテクニック、理論よりもセルフコントロール術とも言えます。

熟練のエステティシャンになるまでは道のりが長く、その途中ではお客様、上司、同僚と様々な人間関係からストレスを抱え途中で挫折してしまうエステティシャンも多く見てきました。

お客様に向き合うこと、いつも一定の精神状態を保つこと、安定したテクニックを身につけること…全ては安定した精神状態から生まれるものであり、エステティシャン教育の現場において、特に海外ではメンタルスキルを向上させるプログラムなども組み込まれています。

特に、欧米の美容現場ではヒーリングやレイキなど方法は様々ですが、メンタルケアを身につけておくことが大事とも言われています。

そこで、今回は私がエステティシャン時代からずっと行っているメンタルケア、セルフコントロールケア方法の一部をお伝えします。

メンタルケア①: 感情と現象の分離

自分自身の感情と、自分から見て外側(自分の体の外側)で現れている現象(他人の声、他人の行動、世間の行動、ニュースなど全て)と自分自身の感情を切り離します。

メンタルケア②: 感情の確認と現象の確認

1で行った分離ができたら、自分の感情を確認します。楽しい、辛い、嬉しい…とにかく様々な感情だけを感じ確認します(何故、楽しいのかなど理由は考えません)。

感情を確認したところで、自分自身の感情である事を再確認します(誰がどうしたから辛いとか他人を入れないで自分の感情のみです)。そして、外側の現象を単に確認します(好き嫌いなどの感情は入れません)。

メンタルケア③: 再統合

分離した感情と現象を再統合します。飲みきれない感情があった場合は再統合するアイテムから外します(統合できない分類棚に保存。単に保存です。それ以上の感情は不要です)。

不に落ちた感情、心地悪くない感情と現象のみ再統合します。現象に関しては感情を伴わないので、統合のアイテムにはいります。心穏やかにパズルを組み立てます。そこには深い愛や悲しみなどなく、事象と単純な感覚に似た感情のみ再統合されます。

3までを行ったら、しばらくゆっくりします。散歩でも良いですし、お風呂に入っても良いです。

3までを行った後は考え込まないでください。そして、数時間、数日、数週間経ったら(時間軸はご自由に)1から3を行います。

難易度の高い瞑想をはじめから行うよりずっと簡単なセルフコントロール術です。是非、この時期は心身のコントロールにお試しください。

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー

関連キーワード

関連するキーワードキーワードから記事を探す