ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

食欲の秋だから気をつけたいオルトレキシア

2016.9.27

新型の摂食障害「オルトレキシア」をご存知でしょうか?ヘルシーすぎる食生活が心身に害を及ぼすことがあります。オーガニックオンリー、ベジタリアン、ビーガン志向の強い方など、食事に対して過敏すぎる方はご注意ください。また、オルトレキシアチェックリストにあるちょっと気になるチェック項目もご紹介します。

 

健康ブームとはいえ…

気温がグッと下がってきた最近。本格的に食欲の秋が訪れてまいりました。

日頃から

  • ヘルシーで自炊派の方
  • ベジタリアン志向の方
  • 健康のために玄米食だけを食べる方
  • グルテンフリー、シュガーフリーにこだわる方

などなど…。

それぞれに良さはありますが、健康過ぎるのも害だって知っていましたか?

新型の摂食障害「オルトレキシア」に悩む方をお見かけします。

そこまで深刻ではなくとも、普段からジャンクは一切取らない、外食はオーガニックのみ。ベジタリアン、ビーガン志向の強い方は体調を崩している可能性も。

ヘルシー過ぎる食事で栄養素が取れずに体調不良を起こす方がいる事実は見逃せません。

サラダ

食事に対して過敏すぎる方は「オルトレキシア」にご注意を!

そして現に原因不明の身体の不調で体調を崩す方がいるのが現実です。

この新型摂食障害「オルトレキシア」は、1997年スティーブン・ブラットマン博士によって提言され、“極端な先入観をもって不健康だと考える食品をさけることで引き起こされる摂食障害”とされています。

このオルトレキシアとまでいかなくとも、食事に対して少し過敏過ぎる傾向のある方は要注意です。

例えば、風邪で熱が出ているのに玄米食にこだわる。

※玄米はセルロースを含む分、消化に時間がかかります。体調不良の場合は消化でエネルギーを使い過ぎない様に白米などでお粥を頂く方が胃への負担が少ないです。

ヘルシーな食事を優先するあまり友人や家族との外食を避ける。

※生活スタイルや人間関係が食事を中心に変わり過ぎてしまう。

そして、オルトレキシアチェックリストにあるちょっと気になるチェック項目の一つ。

『あなたの自尊心はヘルシーな食で保たれていますか?内心、健康的に食べてない人を見下しますか?』

ここまで自己コントロールにこだわり、他人を見下すことがあればかなり要注意です。

ヘルシーでいるのは心身とも健康であることで、人生のバランスを取るため。主目的を見失っていないかセルフチェックを怠らないことも健康的に過ごす上で大切かと。

 

何事も極端にならないよう、ほどほどに

 

「オルトレキシア」のみならず運動に関しても同じことが言えます。

スポーツジャンキーみたいに、身体を休ませることをしないでスポーツやトレーニングばかり励む方もある種の強迫観念に捕らわれています。

「激しいスポーツは健康に良い」と言われるお医者様に私は今まで会った試しがありません。

少し汗をかく程度、20分くらいの速めのウォーキングがおすすめといっても、身体を酷使するスポーツで寿命が延びるとは聞いたこともなければ言われた覚えもありません。

スポーツそのもはストレス解消や日頃の運動不足を解消する素晴らしいアクティビティだと思いますが、健康になりたいのか?単なるスタイル維持やマッチョ趣味か?

目的を見失わず無理をしないで取り組む姿勢が一番大切かと。

 


何事も極端は何も生まないのだと。

継続することの素晴らしさと恐怖からくる強迫観念的な意固地が違うように、ほどほどで精神衛生と肉体の健康の均衡が取れた状態=well-beingを目指してこの秋冬を過ごしたいですね。

 

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー