ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

リセットしたい、と思った時は要注意 ~ キャリアアップのイメージ~

2020.11.24

皆さんはキャリアに悩むとき、自分の正直な気持ちに率直に向き合えていますか?本当の自分の気持ちに向き合えていないことや、頭でのみ悩んでしまうことでシンプルな悩みを複雑にしてしまっている方がとても多いようです。今日は、日々キャリア相談に乗る中で感じることと悩み解決のヒントをお伝えしたいと思います。

ビューティーコンシェルキャリア

 

皆さんは悩むとき、自分の正直な気持ちに率直に向き合って悩んでいますか?

日々キャリア相談に乗る中で感じることですが、皆さん相談する際、最初は本当の理由をおっしゃらないということです。

それは、初対面の私にいきなり言いづらい、という方もいると思いますが、案外多くの方が「思い込み」を持っているのです。

 

キャリアアップのイメージが明確でない

たとえばこんな感じです。

「今の職場では、キャリアアップのイメージが湧かないので、そろそろ転職したいと思っているのですが・・・」

ちなみに、相談されるご本人に今の職場ではキャリアアップできないのか聞いてみると、実は自身にとってどのような形がキャリアアップなのか明確ではないので、今の職場だと本当に自身が望むキャリアアップができないのか、また、どういった職場や仕事ならできるのかが答えづらい方も多いのです。

そして、そんなとき更に思うのは、人が悩むとき本当の自分の気持ちに向き合えていない、頭でのみ悩んでいることが問題である、ということです。

 

キャリア相談でのあるある!シンプルな悩みを複雑にしてしまっている

ビューティーコンシェルキャリア1

人は、何かネガティブな出来事があると、その理由を考えます。

しかし、その理由が率直なものではなく、頭でこねくり回して、本来の自分の正直な気持ちから離れた答えを見つけたり、思いこんでしまうこともよくあります。

たとえば・・・

先輩の女性が嫌い。

この出来事が実は原点の理由なのに、だんだん考えていくうちにさまざまなことが関連づけられて、

仕事が合わないんじゃないか、この職場の理念が自分とは違うのではないか、そもそもお客様とコミュニケーションを取ることが苦手なんじゃないか、私は人見知りなのかもしれない・・・

こんな風に、どんどん現実の感じたことから、つまり、シンプルな悩みからかけ離れていくのです。

実はこれ、女性特有の考え方のプロセスなんだそうです。

女性は特に、さまざまなことを関連づけて、物事を考えていきます。

そして、色んなことをひっくるめて悩んだり、論点がずれていってしまったりします。

 

すべてをリセットする前に!キャリアの悩みを解決するために大事なこと

上記で挙げた例のように、本当は「先輩の女性が嫌い」ということがきっかけだったのに、そういえば接客も好きじゃないかも、そもそも私は人見知りだったのかもなど、先輩が会社すべてに思えてしまい、会社が合わないと思ってしまったり。

そんな相談者の状態を紐解いていくと、

「接客をしているときは、楽しい。お客様と向き合っている時間は先輩と接することもないし。」

「先輩以外の同僚は、いい人たちばかり」

と、現状のキャリアにおいて良い部分があるのに、それらも同じ思考でまとめてしまっているのです。

悩んだり、嫌だと思うことは、誰にでもあります。

大事なことは、論理的に悩みを考えること。

でないと何が原因で悩んでいるのかこんがらがって、すべてをリセットしたい!と思いこんでしまうことに。

 

本当の悩みを知るために自分の素直な気持ちを書き出してみる

嫌だ、と思っていることは一度書き出してみる。

まずは素直に自分の気持ちを受け止めてみることです。

悩みの本当の原因がわかれば、もし、転職するにしても、間違えが少なくなります。

現状の職場での解決もスムーズになります。

キャリアに悩むことは、悪いことではありません。

解決するためには、素直に自分の今の気持ちを受け入れることから、です。

 

この記事を書いたコンシェルジュ

藤井 佐和子/キャリアアドバイザー 藤井 佐和子/キャリアアドバイザー

関連キーワード

関連するキーワードキーワードから記事を探す