ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

冬から始めたい美容習慣☆アンチエイジングとエイジングケアの違い

2015.12.2

「アンチエイジング」と「エイジングケア」。一見、同じことのように思えますが、実は似て非なるもの。違いはお分かりでしょうか?あなたはエイジングと戦う派ですか?向き合う派ですか? 美容習慣も方向性を決めることが大切です。自分に合った無理のないお手入れ方法を見つけて継続してください。

冬の乾燥、内側からも改善を

寒さが本格的になる前に加湿器のセットからお肌の保湿まで風邪予防、乾燥予防の対策を取るシーズンを迎えようとしています。

この時期は特に身体のこりやむくみが気になるという方が多いですが、血液の巡りが滞り循環不足になった結果、血中からうまく酸素が送られず乾燥されるという方も多く見受けられます。

冬場は特に、お肌の保湿は外側からのケアだけではなく、筋肉を動かすことで全身の血流UPを図る内側からの保湿を心がけると乾燥だけではなく冷えにも効果的でおすすめです。

寒い冬を如何に過ごすかで来春の体調、体力は違ってきますよ。

さて今日は、乾燥の季節に気になるエイジングについてのお話です。

アンチエイジング?エイジングケア?

さて、俗にいう「アンチエイジング」と「エイジングケア」。

一見、同じことのように思えますが、実は似て非なるもの。

違いはお分かりでしょうか?

アンチエイジング=年齢に逆らう。抗加齢
エイジングケア=年齢に合わせたケア。加齢に適したケア方法

アンチエイジングと聞くと聞こえはいいものの、それって本当に出来るの?って思いますよね。

でもアンチエイジングは年齢に対してより積極的に戦う姿勢を提唱しているもので決してその後の結果を伝えているわけではありません。

また、エイジングケアは何となく穏やかに聞こえて前向きさが感じられないと思われる方もいらっしゃると思いますが、それもまた違います。

エイジングケアは“どのように年齢と向き合うか”を提唱しているのです。

どちらが正しくて間違っているかというわけではなく、お好みの考え方で選んでいただくと良いかと思います。

 

アンチエイジング=戦うか?エイジングケア=向き合うか?“方向性決め”が大切

お気づきいただきたい点としてはアンチエイジングとエイジングケアのいずれを選んだところで“逃げてない”のです。

方法は違えど“現実と向き合っている”という点は同じでどちらも正解といえます。

1年の中で特に冬に乾燥が進むことからエイジング美容を意識される方が多いですが、美容習慣に入る前の“方向性決め”をすると無理のないお手入れを取り入れることができ継続しやすくなります。

自分に合った考えで普段のお手入れを少し意識されるだけで、将来“やっておいて良かった”と思える方法に出会えますよ。

因みに私は自分に向き合うエイジングケア主義なので、その時々で心身だけではなく使っているコスメも見直し年を重ねていければと思っています。

皆さまもぜひ“美容の方向性決め”を始めてみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー