ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

自己実現のための習慣、承認欲求のための習慣 〜 美容と健康は自分のために

2017.9.8

美容や健康のために続けているエクササイズやスキンケア。頑張っているのに「幸せになれない」と思ったことはありませんか?自己実現のためのものなのか、誰かに認められたいという承認欲求からなのか。そろそろ「自分を愛でる、自分のための習慣」に切り替えていきませんか?

巷のニュースでは、議員の不倫問題やら男女間のもつれが話題になっていますが、子供目線で見ればバカな大人だな〜と一蹴する内容ばかり。

分別あるそれなりの立場の大人が陥る問題って意外とそんなものが多いのかもしれません。

自己実現から遠ざかる大きすぎる承認欲求

先日、友人たちとのディナーで、自己実現や承認欲求、生理現象などの「欲求5段階」で有名な心理学者マズローの話題になったのですが、承認欲求が大きい人ほどミイラ取りがミイラになるかのように目的(=自己実現)から逸脱した行為に走りがちなのかとも思ってみました。

誰にだって、少なからず承認欲求はあるものの欲求のコントロールを上手く取れないほどの魔が差した状態が不倫を招くのでしょうか。

ジャッジメンタルに何でもかんでも良い悪いでは片付かなくとも、このタガが外れた行為に酔い浸れる心情は私には恐ろしく理解し難いのですが、自己陶酔することで現実から逃れ、ひと時の夢を見てしまう人もいるのでしょう。

不倫しない男性はIQが高い!?

だいぶ前に海外の研究機関が発表したIQと不倫に関する相関関係についての記事を読んだのですが、IQが高い男性ほど浮気をしないという記事でした。

にわかには信じ難いですが、わざわざリスクを犯して負け試合をすることは確かに賢くないですが、そんな理路整然と何でも片付くなら世の中もっとみんなが幸せになれますよね。

美容や健康も「自己実現承認欲求」 幸せであるように

美容や健康のために続けているエクササイズやスキンケア、ヘルシーフードも目的を履き違えると全然、幸せになれない。

良かれと思って自己実現のためにやっているなら幸福度が上がれど、誰かに認められたいと承認欲求が原動力になってやっているのであれば幸せは遠ざかるだけ。

9月から年末年末まで一気に華やかなイベント、パーティーシーズン。

誰かに認められるためにやる美容や健康習慣ではなく自分を愛でる習慣に今から目的をしっかり持てば、2018年新年の抱負はきっと素晴らしいスタートが切れるのではないかと思った2017年9月のスタートです。

この記事を書いたコンシェルジュ

TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー TAMAKO/美容家・コスメプロデューサー

関連キーワード

関連するキーワードキーワードから記事を探す