ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

フルーツたっぷり朝ごはん。いちごとキウイのバニラチアプディング

2016.6.9

チアシード入りのふるふるプディングにいちごとキウイを華やかにトッピング。切って混ぜるだけ簡単朝ごはんレシピ!なにかと忙しい朝は、切って混ぜるだけのレシピも重宝します。オメガ3脂肪酸のひとつ、αリノレン酸が摂れるスーパーフード「チアシード」を楽しむ軽い朝食をご紹介しますね。

いちごとキウイのバニラチアプディング

ふるふるチアプディングの作り方

いちごとキウイのバニラチアプディング

まずは、スーパーフード「チアシード」を使ったプディングの作り方をご紹介します。

チアシードに興味はあるけれど、食べ方がわからないという方はぜひご参考ください。

作り方はとっても簡単。

植物性ミルクとチアシードを泡立て器で混ぜ合わせたのち、ガラス瓶などに入れて冷蔵庫で浸水させるだけ。

時々、フォークなどで混ぜて、チアシードがだまにならないようにしましょう。

ココナッツシュガー、メープルシロップ、はちみつなど、天然甘味料で少し甘みをつけると、より食べやすくなりますよ。

チアシードには食物から定期的に摂取すべき必須脂肪酸が含まれています。オメガ3脂肪酸のひとつ、αリノレン酸も。

また、カルシウムやアミノ酸も摂取できるのが嬉しいですね。

また今回ご紹介するいちごやキウイなどのフルーツを華やかにトッピングするのもおすすめです。

 

キウイローズの作り方

いちごとキウイのバニラチアプディング

いちごと一緒にトッピングするキウイにもひと手間加えてかわいく演出してみませんか?

キウイの皮をむき、果肉を縦半分にしたのちに、半月状にスライスします。

そのまままな板の上でスライスしたキウイを少しづつずらしたのちに、丸くまとめるだけで、キウイローズが作れますよ。

同じ要領でアボカドやマンゴーの果肉もローズ状にすることができますので、ぜひ試してみてください。

栄養素の充足率が高く、一つ食べるだけでも多量のビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取できるキウイ。相互作用で抗酸化力がアップするビタミンCとビタミンE両方を含みます。

ぜひ、毎日の食生活に取り入れてみてくださいね。

 

「いちごとキウイのバニラ・チアプディング」のレシピ(調理時間10分)

いちごとキウイのバニラチアプディング

|材料| 2人分

いちご 7個
キウイ 2個
A アーモンドミルク 1カップ
A チアシード 大さじ3
A ココナッツシュガー 小さじ1
A バニラビーンズ 1/2本分
※A…チアプディング材料

 

|作り方|

1. チアプディングの材料を泡立て器で混ぜ合わせ、10分(~一晩ほど)浸水させる

2. キウイの皮をむき、縦半分に切った後に半月状にスライス。まな板の上で少しづつスライスしたキウイをずらしてから丸めてバラの形に

3. いちごはよく洗い、縦半分に切る。ヘタの部分に切れ目を入れてハート形にしても

4. チアプディングを器に入れ、いちごとキウイを乗せてできあがり

 

|メモ|
かぼちゃの種、ヘンプシード、ローチョコレートなどお好みのスーパーフードをのせて。アーモンドミルクのかわりに豆乳でも。

 

この記事を書いたコンシェルジュ

前田直宏/料理家・翻訳家 前田直宏/料理家・翻訳家