ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

植物の香りを楽しむ日常の過ごし方

2022.5.16

春の花やハーブがたくさん咲いています。

植物の香りに触れていますか。
ぜひ日常に香りを取り入れ、穏やかで豊かな時間を過ごしましょう。

アロマセラピー

心に問いかけ、好きな香りを選ぶ

精油(エッセンシャルオイル)の種類は、専門の店舗に陳列しているだけでも数種類~数十種類あります。どれを選べばいいか迷ってしまいますね。

わずかな量しかとれない希少精油と言われるものや、使い方が難しくなかなか手に入らないものも含めると、天然精油は数百種類あると言われていますので、たくさんの種類の中から自分の好きな香りをたった一つ見つけるというのは、まさに一期一会、運命の出合いといえます。

店頭で香りのテスターが用意されている場合は、片っ端から嗅いでいくというのもできますが、途中で鼻が疲れてきて、どんな香りなのか、自分が本当にこの香りを好きと感じたのかどうなのか、だんだんわからなくなってしまうこともあります。

そのようなときは、まず聞いたことや見たことがある精油を嗅いでみると良いです。瞬間的に嗅ぎ、自分の心に問いかけましょう。直感で良いのです。
大好き―好き―普通―苦手……という風に、自分の中でその香りがどの位置なのかその時の心の状態や気分で決めます。

また、なんとなく気になっている名称のものや直感で手にとった香りも、ぜひ嗅いでみましょう。意外としっくりとくる香りが見つかるかもしれません。

お気に入りの香りは1本とは限りません。
いくつか気に入ったものが見つかれば、購入し、自宅でぜひ使ってみましょう。

自分だけの香りを楽しむ方法

好きな香りが見つかったら、きっとその香りを大切に使うと思います。ですが、使い続けていくと、単調に感じてしまったり、その香りに慣れて飽きてしまうこともあります。

その場合は、ブレンドにチャレンジしてみましょう。

好きな香りでブレンドをする

香りはなにも1種類だけで使う必要はありません。もし2つ、3つと精油をお持ちなら、ブレンドして香りを楽しむこともできます。

変な香りにならないか、と心配な場合は、まず1枚のティッシュに1滴ずつ種類違いの精油を垂らします。そして少しティッシュを振ってから、香りを嗅いでみてください。好きな香りをブレンドしているのですから、自分が思う変な香りになるはずがありません。安心してください。まずは1滴ずつのアロマブレンドを楽しみましょう。

ブレンドの比率を変えてみる

そして、これにも慣れてきたら、比率を変えてみましょう。どちらかをまた1滴多く垂らします。すると、同じ種類の精油を使っているにもかかわらず、全く違うアロマブレンドになりませんか。これが香りの楽しいところでもあります。

好きな香りのブレンドもできるようになったら、アロマスプレーを作成したり、リードスティックを香り入りの瓶にさしてアロマリードディフューザーにすることもできます。楽しみながら自分だけのオリジナルアロマブレンドレシピを作成すると、いつの間にか、香りを作りながら香りのある生活を過ごすことになります。

香りを使ったリラクゼーション

バスタイムやセルフケアに香りを使うのもおすすめです。今の季節は、天候によって気温差も大きく、着る物を選ぶのも難しく、それによって体温調節が上手くいかなかったりしてストレスを抱えがちです。

お風呂で香りを楽しむ

バスタイムで香りを使う場合は、スプレーボトルに入れた無水エタノールに精油を1~5滴垂らしよく混ぜ、天然塩にスプレーしてバスタブに入れ、香りを楽しむことができます。

柑橘系の香りや、刺激の強いものは、お肌が弱い方は気をつける必要があります。例えば、レモン、オレンジスイート、ゆず、グレープフルーツなどの柑橘系の香りは好む方が多く、たくさん使いたくなってしまうくらい良い香りです。ですが、柑橘系の香りは全般的に、肌への刺激になることがあるため、肌の弱い方は使わないか、使うとしても1~2滴に留めた方が良いでしょう。

また、ペパーミント、ユーカリ、ティートリー、イランイラン、アブソリュート系のものも、お肌の弱い方は使用を避けるか、少なめにすると安心です。

天然の香りは、途中で香りを感じなくなってしまうこともあるので、その都度足したくなるかもしれませんが、強すぎる香りは、特にお風呂場では具合いが悪くなることもあるので、1~5滴のガイドラインを守るようにしましょう。

肌への刺激や気分が悪くなってしまった場合は、ただちに使用を中止し、浴室を換気するなどして休んでくださいね。

肌質に合わせて足湯を活用する

いきなりバスタブに入れるのが不安な方は、足浴をしてみるのもおすすめです。
足浴の場合は、上記と同様の方法ですが、精油の量は1~3滴にします。香りだけでなく、ハーブを浮かべても素敵ですね。

アロマリラクゼーションサロンを活用する

時々、アロマリラクゼーションサロンに行くのもおすすめです。
精油を植物油に混ぜ身体に塗布して施術をするアロマトリートメントは、いつも頑張っている自分自身の心と身体を労わってくれているようで、とても気持ち良く感じるはずです。

いつもなら使わないような香りを敢えて選んでみるのも気分転換になりますし、慣れ親しんだ好きな香りを使ってもらいながらケアを受けるのもまた、贅沢な気分を味わえますね。

いかがでしたでしょうか。

香りのある暮らしにご興味がありましたら、まずは1本、自分の好きな香りを選んで使ってみましょう。ポイントは、好きな香りを選ぶことです。

好きな香りとの出合いは、あなたの心をやさしくまるくしてくれますし、ほんの少し日常を豊かにしてくれると思います。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いたコンシェルジュ

新垣 静香/アロマセラピスト

Deprecated: 関数 related_posts は、バージョン 5.12.0 から非推奨になりました ! 代わりに yarpp_related を使用してください。 in /home/bccolumn/beauty-concier.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 5383

関連キーワード

関連するキーワードキーワードから記事を探す