ビューティー&ウェルネス情報

自宅でできる美容、健康情報やエステ、スパ、ヨガなどの店舗、サービス情報をお届けするあなたのwell‐beingガイド

エステ業界の転職では何をチェックする?仕事内容で気を付けたいこと

2018.4.10

エステの仕事ができるところに転職したい!と転職先を探す際には、収入、勤務場所、勤務時間、仕事内容、福利厚生など、いろんな点をチェックする必要があります。その中でも「仕事内容」のチェックはとても重要です。いざ働きだしてから後悔しないためにも、仕事内容を十分に調べることをお勧めします。

エステの仕事ができるところに転職したい!と転職先を探す際には、収入、勤務場所、勤務時間、仕事内容、福利厚生など、いろんな点をチェックする必要があります。

その中でも「仕事内容」のチェックはとても重要です。

いざ働きだしてから後悔しないためにも、仕事内容を十分に調べることをお勧めします。

エステ業界の仕事内容でチェックしたいこと!

①どんなエステメニューを行っているのか?

エステの内容はとても幅広くなっています。フェイシャルエステをメインにしているところ、痩身エステをメインにしているところ、脱毛をメインにしているところなど様々です。

メニューが多ければ多いほど、覚える仕事内容も多くなってしまいます。

自分はどんなエステメニューを仕事にしたいのか?自分が担当するエステメニューはどれくらいあるのか?をチェックしてみてくださいね。

②どんな客層が多いのか?

エステメニューやお店の方針にもよりますが、施術中に会話をしなければならない場合があります。そんな時に問題となるのが、どんな客層が多いのかということ。

どの客層の方とも楽しく会話できるのが理想ですが、中には苦手とする客層もあるかもしれませんね。

若い世代の女性が多いところ、マダム世代の女性が多いところなどお店によっても違うため、自分が対応しやすい客層かどうかをチェックしてみると良いですよ。

③勧誘はどれくらいしないといけないのか?

エステ業界でもたびたび問題となるのが「勧誘」です。新規のお客様にエステの契約を結ぶように勧誘したり、通っているお客様に新たなメニューを追加するように勧誘したりすることなどがあります。また、化粧品の購入などを勧める場合もあります。

どれくらい勧誘しないといけないのかはお店の方針によって違います。紹介する程度で良いところから、ノルマがあるところまで様々です。

エステの仕事は好きだけど、勧誘するのがつらいので転職するという方もいるので、どれくらい勧誘しないといけないのか?自分に勧誘は向いているのか?をチェックすることも大切ですよ。

④どんな化粧品を使用するのか?

エステでは様々な化粧品を使用します。直接手で触れる機会も多いため、人によっては肌荒れを起こしてしまうこともあります。

お客様の肌に直接触れることが多いエステティシャンのお仕事。手がガサガサに荒れていると仕事になりません。仕事は続けたいけれど肌荒れが酷くて…と泣く泣く辞めていかれる方もいらっしゃいます。

肌が弱い方は、どんな化粧品を使用するのか?自分の肌に付いても問題ないのか?をチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたコンシェルジュ

キャリア編集部 キャリア編集部

関連キーワード

関連するキーワードキーワードから記事を探す